NEW

元JRA細江純子さん「アーモンドアイ限界説」示唆!? 天皇賞・秋「正直、あれ?」「今までとは少し違う」大記録目前も拭えないロードカナロア産駒の傾向

【この記事のキーワード】, ,

『netkeiba.com』で連載されている「プロが指摘するパドック診断」に登場した細江さんはアーモンドアイの写真を見た第一声に「正直、あれ? こんなにも大きかったかな?」という印象を持ったという。

元JRA細江純子さん「アーモンドアイ限界説」示唆!? 「正直、あれ?」「今までとは少し違う」天皇賞・秋(G1)大記録目前も拭えないロードカナロア産駒の傾向の画像2

 また「今まで感じてきたアーモンドアイとは少し違う気がする」というのも気になるところだ。

無論、昨年の年度代表馬リスグラシューに代表されるように、古馬になってから本格化する牝馬もいる。今秋を迎えて、アーモンドアイがさらなる進化を遂げている可能性も決してゼロではない。

 だが、アーモンドアイの父ロードカナロアは以前から成長力が疑問視されている種牡馬だ。下記はロードカナロア産駒の全体における年齢別の成績である。

◆年齢別集計 集計期間:2017. 6. 4 ~ 2020.10.25
———————————————————————
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
———————————————————————
2歳 112- 81- 68- 481/ 742 15.1% 26.0% 35.2%
3歳 205- 189- 163-1417/1974 10.4% 20.0% 28.2%
4歳 100- 86- 74- 529/ 789 12.7% 23.6% 33.0%
5歳 26- 16- 25- 224/ 291 8.9% 14.4% 23.0%
———————————————————————

 上記の通り、ロードカナロア産駒は総合的に仕上がりが早く、加齢と共に成績が下降する傾向にある。

 特に5歳を迎えたアーモンドアイら初年度産駒においては勝率、連対率、複勝率ともに大きくダウン。年齢別でも最低の数字となっており、さらに「牝馬」に限定すると勝率6.8%、連対率12.1%、複勝率24.2%とさらに悪化する点は見逃せない。

「年齢と共にママに近づく頃でもあり、この時期の体の変化は心配になるところも…」

 そうアーモンドアイの寸評を締めた細江さん。昨年に続く天皇賞・秋連覇を達成するようならディープインパクトやシンボリルドルフ、キタサンブラックといった歴代の名馬を超える芝G1・8勝の新記録を達成するアーモンドアイだが、「限界」はすぐそこまで来ているのかもしれない。

元JRA細江純子さん「アーモンドアイ限界説」示唆!? 天皇賞・秋「正直、あれ?」「今までとは少し違う」大記録目前も拭えないロードカナロア産駒の傾向のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?