NEW

JRA川田将雅「ダノックス」に乗り続けられる理由。 天皇賞・秋(G1)ダノンプレミアム馬主・野田順弘氏の「男気」に結果で応える!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅「ダノックス」に乗り続けられる理由。 天皇賞・秋(G1)ダノンプレミアム馬主・野田順弘氏の「男気」に結果で応える!?の画像1

「勝つという結果が出せなかったことに申し訳なく思います」――。

 ダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)で挑んだ昨秋のマイルCS(G1)。2着という結果に、鞍上の川田将雅騎手が口にした言葉だ。

 11月1日、天皇賞・秋(G1)で、約4カ月半ぶりにターフに復帰するダノンプレミアム。前走のD.レーン騎手から乗り替わり、再び手綱を握るのは川田騎手だ。

 馬主は野田順弘氏(名義はダノックス)。冠名「ダノン」でお馴染みの有名オーナーである。

 冠名「ダノン」といえば、もうすっかり「川田騎手」というイメージが定着。これまでのG1でも今回騎乗するダノンプレミアムのほかに、ダノンスマッシュ、ダノンファンタジーなど、過去にはダノンバラードにも騎乗している。

 では、G1での成績はというと16戦1勝。思ったほどの成績を残せていないのが現状だ。

JRA川田将雅「ダノックス」に乗り続けられる理由。 天皇賞・秋(G1)ダノンプレミアム馬主・野田順弘氏の「男気」に結果で応える!?の画像2

 ただ、唯一G1で勝利したのが、今回騎乗するダノンプレミアムの朝日杯FS。近年活躍したダノンファンタジーと同じ中内田厩舎の管理馬だ。

 しかし、川田騎手、中内田調教師のコンビはG1成績も思わしくない。22戦1勝と、やはりダノンプレミアムの朝日杯FSしかないのだ。

 調教師、オーナーとも、コンビとしての結果が出せていない川田騎手。今年の春は乗り替わりも目立っていた。

 ダノンプレミアムは、4月のロンジンクイーンエリザベスS(豪・G1)で川田騎手からJ.マクドナルド騎手に乗り替わり。6月の安田記念(G1)はレーン騎手が騎乗していた。

 また、ダノンスマッシュにしても、5月の京王杯スプリングCで川田騎手からレーン騎手に乗り替わり。その後6月の安田記念、9月のセントウルS(G2)でも三浦皇成騎手が騎乗している。

 しかし、10月のスプリンターズS(G1)では、再度ダノンスマッシュの鞍上が川田騎手に。これには、セントウルS直前に行われた「ある事」が関係しているという。

JRA川田将雅「ダノックス」に乗り続けられる理由。 天皇賞・秋(G1)ダノンプレミアム馬主・野田順弘氏の「男気」に結果で応える!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!