NEW

JRA天皇賞・秋(G1)コントレイル三冠達成で「仁義なき戦い」勃発!? 岩田康誠「イン強襲」でアノ馬の「大金星」再現なるか

【この記事のキーワード】

,

 先週の菊花賞(G1)は、コントレイルがクラシック三冠を達成。天下の社台グループがノースヒルズに「完全敗北」した。

 舞台は東京競馬場に移り11月1日、天皇賞・秋(G1)が行われるが、ここでは立場が一変。

 史上最多G1勝利を狙うアーモンドアイ率いる社台グループに、ノースヒルズが立ち向かう立場となる。

 今回は社台グループの名を懸けた、まさに「仁義なき戦い」。

 ノースヒルズ軍団からは、カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)とスカーレットカラー(牝5歳、栗東・高橋亮厩舎)の2頭が、この戦いに挑もうとしている。

『netkeiba.com』の予想オッズでは、2頭ともに人気薄。ただ、2005年の天皇賞・秋では、ノースヒルズマネジメントのヘヴンリーロマンスが14番人気で勝利。

 2着のゼンノロブロイが馬群の中を割ってきたのに対し、最内を突いての強襲。1番人気を破る大金星だった。

 当時はノースヒルズからヘヴンリーロマンス1頭でのチャレンジであったが、今回は2頭での出走。中でも注目はヘヴンリーロマンスと同じ、牝馬のスカーレットカラーだ。

 鞍上は前走に引き続き岩田康誠騎手。ヘヴンリーロマンスを彷彿とさせるイン強襲に期待がかかる。

 前走クイーンS(G3)に出走したスカーレットカラーは、最内後方からの競馬。直線では前が詰まったが、最後は外へ持ち出しながら3着まで追い込んだ。

JRA天皇賞・秋(G1)コントレイル三冠達成で「仁義なき戦い」勃発!? 岩田康誠「イン強襲」でアノ馬の「大金星」再現なるかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!