NEW

JRA天皇賞・秋(G1)コントレイル三冠達成で「仁義なき戦い」勃発!? 岩田康誠「イン強襲」でアノ馬の「大金星」再現なるか

【この記事のキーワード】,

『netkeiba.com』の『トレセン発秘話』によると、前走で馬群を割りながら猛追してきた事に対し「“普通あんなんできる!? ダビスタやん”って言われましたよ」と厩務員がレース後に言われたそうだが、確かにそれぐらいインパクトのある末脚だったといえるだろう。

 近走は大体470~480kg台で出走しているスカーレットカラーだが、陣営は「今は500kgくらいありますよ」と同記事で回答。それでいながら「今までにないくらい調子がいい」というから驚きだ。

「ヘヴンリーロマンスも天皇賞・秋を制した時が510kgと大きい馬でした。スカーレットカラーは、牝馬の大型馬でオーナーも同じ。あの時のヘヴンリーロマンスを思わせますね。

外枠不利と言われる東京2000m戦。先週の菊花賞では1人、インを通った岩田騎手でしたが、その借りを天皇賞・秋で返してほしいですね」(競馬記者)

 確かにスカーレットカラーも阪神牝馬S(G2)で2着した際が490㎏。牝馬の大型馬という意味ではヘヴンリーロマンスを連想させる。

 クラシックでは桜花賞(G1)8着と、勝利したアーモンドアイから0.7秒離されてゴールしたスカーレットカラー。しかし、古馬となって府中牝馬S(G2)を制するなど、ここにきてメキメキと力をつけてきた。

 アーモンドアイ世代の牝馬、遅れてきた最後の大物。

 ヘヴンリーロマンスを彷彿とさせるスカーレットカラーに、あの時の再現が期待される。

JRA天皇賞・秋(G1)コントレイル三冠達成で「仁義なき戦い」勃発!? 岩田康誠「イン強襲」でアノ馬の「大金星」再現なるかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?