NEW

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイVSクロノジェネシス徹底比較! 血統・時計・着差・上がり・騎手・厩舎・コース適性から判明した「意外な事実」とは?

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイVSクロノジェネシス徹底比較! 血統・時計・着差・上がり・騎手・厩舎・コース適性から判明した「意外な事実」とは?の画像1

 週末に迫った第162回天皇賞・秋。枠順も決まり、あとはレースを待つのみとなった。今回の最大のテーマは、やはりアーモンドアイとクロノジェネシスによる世代を超えた女王対決だろう。アーモンドアイは天皇賞・秋とジャパンカップを圧勝し、クロノジェネシスは宝塚記念を圧勝とまさに牡馬を超えた存在。この2頭の初対決に多くの競馬ファンが胸を躍らせているはずだ。

 今回はどっちが上なのか、白黒はっきりさせようということで様々なデータを比較してみた。すると、予想の斜め右をいく意外な数字が出てきたのである。どちらを軸にするのか迷っている競馬ファンにとって、これは最後の後押しとなるだろう。ぜひ参考にしていただきたい。


■騎手(2020年成績)

・アーモンドアイ(クリストフ・ルメール)
全体勝率  26.2%
芝勝率   24.1%
東京芝勝率 23.8%
芝2000m勝率 26.6%

・クロノジェネシス(北村友一)
全体勝率  9.5%
芝勝率   11.6%
東京芝勝率 12.5%
芝2000m勝率 11.1%

 騎手の比較はやはりルメールが圧倒的。すべての条件で勝利23%以上を記録し、逆に北村はすべて13%以下。もちろん競走馬の質も違うが、1番人気の勝率がルメール34.7%に対し北村は15.5%とさらに差が開いている。この実績からも、鞍上はアーモンドアイのルメールが断然だ。


■厩舎(2020年成績)

・アーモンドアイ(国枝栄)
全体勝率  15.1%
芝勝率   16.0%
東京芝勝率 25.0%
芝2000m勝率 21.6%

・クロノジェネシス(斉藤崇史)
全体勝率  10.6%
芝勝率   14.0%
東京芝勝率 22.2%
芝2000m勝率 19.0%

 数々のG1ホースを手掛け、2頭の牝馬三冠馬を管理した国枝厩舎がリード。しかし開業5年で96勝を上げている斎藤厩舎もさすが。数字的な差はないが、1番人気の勝率が国枝厩舎42.6%に対し斎藤厩舎は20.8%と半分以下。アーモンドアイの国枝厩舎は、勝つべき時にしっかり結果を出している印象だ。


■コース適性(通算成績)

・アーモンドアイ
全体勝率  69.2%
芝勝率   69.2%
東京芝勝率 71.4%
芝2000m勝率 100%

・クロノジェネシス
全体勝率  54.5%
芝勝率   54.5%
東京芝勝率 66.7%
芝2000m勝率 50.0%

 全体の勝率はやはりアーモンドアイに軍配。そしてお互いに東京コースや芝2000mでの経験は少ないが、その中でもアーモンドアイがクロノジェネシスを上回っている。加えて昨年の天皇賞・秋を快勝していることからも、この舞台はアーモンドアイにとって大きなプラス。コース適性においてもアーモンドアイが上だ。


■血統(通算成績)

・アーモンドアイ(ロードカナロア)
全体勝率  11.7%
芝勝率   12.4%
東京芝勝率 11.6%
芝2000m勝率 10.6%

・クロノジェネシス(バゴ)
全体勝率  5.9%
芝勝率   6.2%
東京芝勝率 5.6%
芝2000m勝率 8.3%

 産駒数の違いはあるが、すべての条件においてロードカナロアがバゴ産駒を圧倒している。ロードカナロアは今年8頭の産駒がJRA重賞を10勝しているが、バゴ産駒はクロノジェネシスの2勝を含む重賞3勝のみ。さらに2019~2020年でJRAの芝コースを9勝しているが、そのうち4勝はクロノジェネシスと同馬頼みは明白。そして今年芝6勝のうち良馬場は2勝のみと時計勝負に課題もある。血統は父だけでないが、特に影響が強い父の比較はアーモンドアイが上位でいいだろう。

JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイVSクロノジェネシス徹底比較! 血統・時計・着差・上がり・騎手・厩舎・コース適性から判明した「意外な事実」とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由