NEW

JRAコントレイル不在が「空き巣」のねらい目!? サトノフラッグが“不人気”G1でタイトル獲得に虎視眈々か

【この記事のキーワード】,

JRAコントレイル不在が「空き巣」のねらい目!? サトノフラッグが不人気G1でタイトル獲得に虎視眈々かの画像1

 先週の菊花賞(G1)でコントレイルが無敗の3冠を達成。レース前に距離不安が囁かれていたが、能力の高さで距離延長をカバーする結果となった。

 レース後、矢作芳人調教師は「今回の一戦は距離に尽きると思います」とコメント。アリストテレスにクビ差まで詰め寄られたのは、やはり3000mという長距離が堪えたということだろう。続けて「もうこの距離を使うことはないかな」と話しており、来年の天皇賞・春(G1)に出走する可能性はかなり低そうだ。

 春の盾に3歳牡馬No.1が出走しないとなると、気になるのはNo.2の動向だ。

JRAコントレイル不在が「空き巣」のねらい目!? サトノフラッグが不人気G1でタイトル獲得に虎視眈々かの画像2

 唯一負けた相手がコントレイルというサリオス。古馬初対戦となった毎日王冠(G2)を制し、能力の高さを証明した。だが、こちらも距離不安がつきまとう馬。陣営からは2000mでもやや長いという声が上がっており、次走はマイルCS(G1)か香港マイル(G1)を予定しているため、天皇賞・春に出走する可能性はまずなさそうだ。

 現3歳世代の上位2頭が出走しないとなれば、天皇賞・春は他の馬にとってチャンスとなるだろう。

 現在、長距離界はフィエールマン「1強」とも呼べる状況。だが、天皇賞・春を2連覇した最強ステイヤーも来年は6歳を迎えるため、必ずしも現役続行とは限らない。もし、引退となれば、より混迷を極めることになりそうだ。

 そんな中、長距離界の頂点を狙うであろう1頭が浮上した。

 28日、菊花賞で3着だったサトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)が次走にステイヤーズS(G2)を視野に入れていることが明らかになった。

 今年の弥生賞(G2)の勝ち馬で、皐月賞(G1)では2番人気に支持されたサトノフラッグ。だが、皐月賞で5着、日本ダービー(G1)で11着と、春のクラシックは結果を残すことができなかった。

 そして迎えたクラシック最終戦の菊花賞。なんとか3着に入ったことで、地力の高さを証明するとともに長距離適性を示した。

JRAコントレイル不在が「空き巣」のねらい目!? サトノフラッグが“不人気”G1でタイトル獲得に虎視眈々かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか