NEW

JRA「5馬身ロス」アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)枠順は悪夢のサイン!? 武豊は騎乗停止に「迷惑をかけて申し訳ない」……8冠達成に大きな試練か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「5馬身ロス」アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)枠順は悪夢のサイン!? 武豊は騎乗停止に「迷惑をかけて申し訳ない」……8冠達成に大きな試練か の画像1

 11月1日、東京競馬場では天皇賞・秋(G1)が行われ、勝てば史上初となる芝G1・8勝を目論むアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が出走を予定している。

 長きに渡る競馬史においても、今年ほど記録ラッシュに沸いた年はなかったといえるだろう。

 牝馬はデアリングタクトが史上初の牝馬による無敗の3冠を達成。牡馬もコントレイルが同じく無敗3冠馬となり、父であるディープインパクト以来となる15年ぶりの栄誉を手にした。

 アーモンドアイは春の安田記念(G1)ではグランアレグリアの前に2着と涙を呑んだため、現時点で8冠は未達成だ。天皇賞優勝で大偉業を達成することができれば、再び現役最強馬に返り咲くことも可能だろう。

 昨年の天皇賞・秋では1枠2番の好枠から鮮やかに抜け出し、2着ダノンプレミアムに3馬身の差をつける完勝を挙げたアーモンドアイ。【5.1.1.0】と得意の東京コースということもあり、連覇の可能性は非常に高い。

 だが、復権を懸ける女王にとって天皇賞・秋の枠順は少々厄介なものとなった可能性も否定できない。内枠だった昨年に対し、今年のアーモンドアイは12頭立ての7枠9番と外寄り。2つ外の8枠11番にダノンプレミアムが入った。

 これは3着に敗れた昨年の安田記念の状況と酷似しているのだ。初の海外遠征となったドバイターフ(G1)を優勝しての凱旋レースとなったアーモンドアイは、単勝1.7倍の圧倒的1番人気に支持された。

 しかし、誰もが勝利を信じたレースで女王に思わぬアクシデントが襲い掛かったのである。

JRA「5馬身ロス」アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)枠順は悪夢のサイン!? 武豊は騎乗停止に「迷惑をかけて申し訳ない」……8冠達成に大きな試練か の画像2

 スタートしてすぐ、8枠16番のロジクライが内側に斜行したため、15番ダノンプレミアム、14番アーモンドアイ他2頭の進路が狭くなり、走行を妨害。これにより騎乗した武豊騎手に開催日1日の騎乗停止処分が下された。これにはさしもの名手も「スタート後に物見をして、内に切れ込んでしまった。迷惑をかけて申し訳ない」とバツの悪いコメントをするしかなかった。

「勝ったインディチャンプは秋にも池添謙一騎手とのコンビでマイルCS(G1)を勝利し、春秋マイル王となったように強い馬です。とはいえ、あれだけ大きな不利を受けながらタイム差なしの3着まで追い上げたアーモンドアイの強さが目立ちましたね。

今年の天皇賞・秋で大外8枠12番はM.デムーロ騎手のジナンボー。武豊騎手のキセキは6枠8番に入りました。今回はアーモンドアイより内へ入りましたが、隣に入ったキセキは元々ゲート難のある曲者だけに何が起こっても不思議ではありません」(競馬記者)

JRA「5馬身ロス」アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)枠順は悪夢のサイン!? 武豊は騎乗停止に「迷惑をかけて申し訳ない」……8冠達成に大きな試練かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!