NEW

JRA C.ルメール「まだ子供」モーリス産駒ブエナベントゥーラ完勝! 能力引き出す好騎乗に対し、岩田望来「ナイスアシスト」で馬群に沈む……

【この記事のキーワード】,

JRA C.ルメール「まだ子供」モーリス産駒ブエナベントゥーラ完勝! 能力引き出す好騎乗に対し、岩田望来「ナイスアシスト」で馬群に沈む……の画像1

 31日、東京競馬2Rの芝1600m戦(2歳未勝利)で、良血馬ブエナベントゥーラ(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)が快勝した。

 ブエナベントゥーラは父モーリスに、母がブエナビスタという良血馬。母は桜花賞(G1)、オークス(G1)の牝馬クラシック2冠馬。古馬になってもヴィクトリアマイル(G1)、天皇賞・秋(G1)、ジャパンC(G1)を勝利した「女傑」である。

 デビュー戦はD.レーン騎手が騎乗し5番手からの競馬。余裕たっぷりに外から先頭にたったが、内を突いたウインアグライアのキレに屈した。

 今回はC.ルメール騎手に乗り替わっての一戦で、まずまずのスタートから馬任せにハナを奪ったブエナベントゥーラ。道中は1馬身の差をキープしながらマイペースで運んだ。

 3コーナー辺りからレースは動き、外から進出する各馬。岩田望来騎手のレッジョエミリア、内田博幸騎手のコスモノートが並びかけるが、ブエナベントゥーラも内で余裕たっぷりの手応えだった。

 4コーナーのコーナーワークで再び突き放しにかかるブエナベントゥーラ。最後の直線では馬群を割って伸びたトーセンメラニーに追い詰められたが、半馬身差で凌ぎ切り勝利を掴んだ。

 レース後、ルメール騎手が「まだ子供っぽくて物見をしながら走っていた」というように、まだまだ本気を出していないような走り。「少しずつだったが、直線で加速してくれましたね。この距離はマッチしています」と前走と同じマイル戦ではあったが、キレの無さを逃げたアドバンテージでカバーした好騎乗であった。

「レース後、ルメール騎手が『途中から被せてくれる馬がいたおかげで、走りやすくなりましたね』と話していた通り、3コーナー辺りから被せにいった岩田望騎手でしたが、それが集中力に欠けるブエナベントゥーラの能力を引き出したのかもしれませんね。

相手の走りも力に変えたルメール騎手に対し、1番人気に併せて馬群に沈んだ岩田望騎手。勝負にいった結果ではありますが、今回は裏目に出てしまった印象です」(競馬記者)

 レースラップは、前半4ハロン47.2秒に対して後半4ハロン47.4秒のイーブンペース。馬の能力を出し切ったルメール騎手の好騎乗だった。

 このレースではルメール騎手に軍配が上がったが、岩田望騎手も若手のホープ。今後の活躍に期待したいところだ。

JRA C.ルメール「まだ子供」モーリス産駒ブエナベントゥーラ完勝! 能力引き出す好騎乗に対し、岩田望来「ナイスアシスト」で馬群に沈む……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!