NEW

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】話題の「怪物」リフレイムVS「超良血」レガトゥス! ライバルは重賞2着実績があるブルーシンフォニーとモントライゼか

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】話題の「怪物」リフレイムVS「超良血」レガトゥス! ライバルは重賞2着実績があるブルーシンフォニーとモントライゼかの画像1

 7日(土)の東京メインは京王杯2歳S(G2)が行われる。デビューから規格外の競馬で2連勝中のアノ牝馬が出走を予定している。

 その馬の名前はリフレイム(牝2歳、美浦・黒岩陽一厩舎)。父は米三冠馬のアメリカンファラオだ。

 デビューは7月の新潟芝マイル戦だった。道中で早々と先頭に立ったリフレイムは、そのまま最後の直線を迎えたが、そこから外ラチへ大斜行……鞍上の木幡巧也騎手が必死に立て直そうとするも、結局外ラチ一杯まで逸走し、そのままゴールした。かなりの距離ロスがあったにもかかわらず、力で他馬をねじ伏せた「大暴走劇」は数分後にTwitterのトレンドで1位になるなど、大きな話題を振りまいた。

 その後、“真っすぐ走らせるため”、立て直しに3か月近くの期間を費やし、先月25日の1勝クラスに出走。陣営いわく「6~7分の出来」だったにもかかわらず、今度は最後方から余力を残したまま、後続に5馬身差をつけ豪快に差し切った。その勝ちっぷりから、すでにその力は“怪物級”といっていいだろう。2戦目で「真っすぐ走ったこと」は大きな収穫だったことに間違いないが、デビュー戦で見せた悪癖がまたいつ顔を出すかわからない。

 ひと叩きされ、中1週での重賞挑戦。そして相手も強化され、リフレイムの真価が問われそうだ。

 新潟2歳S(G3)2着のブルーシンフォニー(牡2歳、美浦・伊藤圭三厩舎)は、ゴドルフィン期待の若駒だ。6月の東京マイル戦を勝ち上がり、8月の新潟2歳Sでは1番人気に支持されたが、ショックアクションに完敗を喫した。

 1ハロンの距離短縮がいい方向に出れば、リフレイムと好勝負を演じられるだけの力は持っている。2歳馬の活躍が目立つ伊藤圭三厩舎に2003年(スマートボーイ、マーチS)以来の重賞勝利をもたらすことはできるだろうか。

 C.ルメール騎手が騎乗を予定しているモントライゼ(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、これがデビューから4戦目。過去3戦は全て1200mを使われ「1-2-0-0」。初の距離延長、そして初の左回りで、2勝目を狙う。

 前走の小倉2歳S(G3)は単勝オッズ1.8倍の1番人気に支持されたが、メイケイエールの急襲に屈し、2着に終わった。ある程度、時計が掛かる馬場なら上位争いが可能だろう。

 サンデーレーシング期待のレガトゥス(牡2歳、美浦・木村哲也)は、前走から1ハロンの距離短縮で出走を予定している。母は短距離路線で活躍したアドマイヤセプター、祖母アドマイヤグルーヴ、3代母はエアグルーヴという超良血だ。

 6月の新馬戦は不良馬場で力を発揮できず、6着に敗れた。しかし、良馬場の2戦目では変わり身を見せて勝ち上がり、重賞に挑戦する。前走の馬体重は562kgという雄大な馬体の持ち主。2か月ぶりとなるが、しっかり仕上っていれば、あっさり重賞を勝ってもおかしくないだろう。

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】話題の「怪物」リフレイムVS「超良血」レガトゥス! ライバルは重賞2着実績があるブルーシンフォニーとモントライゼかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!