NEW

JRA武豊が「インティ2世」へ英才教育!? 逃げれば「4戦4勝」ベストタッチダウン【みやこS(G3)展望】

【この記事のキーワード】,

JRA武豊が「インティ2世」へ英才教育!? 逃げれば「4戦4勝」ベストタッチダウンVS「松国厩舎最後の大物」ハギノアレグリアス【みやこS(G3)展望】の画像1

 8日(日)、今年は阪神競馬場でダート重賞のみやこS(G3)が開催される。チャンピオンズC(G1)の前哨戦という位置づけで、1着馬には優先出走権が与えられる。

 現在のダート路線は絶対的クリソベリルの1強状態といえるが、打倒王者の新星となり得るのがベストタッチダウン(牡4歳、栗東・橋口慎介厩舎)だ。

 昨夏にダートに転向したベストタッチダウン。転向後3戦目の自己条件戦(1勝クラス)を逃げ切ると、3連勝で一気にオープン入りした。しかし、重賞初挑戦となった4月のアンタレスS(G3)は、1番人気に支持されたが14着に大敗している。

 ハナを奪われ、リズムを崩したことが最大の敗因で、一息入れた前走の太秦S(OP)では果敢にハナを切り、逃げ切り勝ちを収めている。ダートで逃げた時は4戦4勝。鞍上には武豊騎手が指名された。ダート7連勝でG1馬に登りつめたインティを育てた名手は、同じ逃げ馬のベストタッチダウンをどのように教育していくのだろうか。

JRA武豊が「インティ2世」へ英才教育!? 逃げれば「4戦4勝」ベストタッチダウンVS「松国厩舎最後の大物」ハギノアレグリアス【みやこS(G3)展望】の画像2

 すでにダート重賞2勝の実績を誇るのはワイドファラオ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。3走前のかしわ記念(G1)ではまんまと逃げ切り。交流G1初制覇を飾った。

 前走は盛岡の南部杯(G1)に出走。7着に敗れたが、この馬も逃げればしぶとい。初めての阪神コースだが、簡単にはハナを譲りたくないだろう。

「ストップ・世代交代」の筆頭格はウェスタールンド(セ8歳、栗東・佐々木晶三厩舎)だ。6歳時にダートに転向後、右回りコースでは「3-2-1-1」と崩れていない。2走前は、今回と同じ舞台のアンタレスS(G3)を豪快に差し切って、衰えていないところを見せつけている。

 3か月ぶりの実戦だが、休み明けでも力を出せるタイプ。まだまだ若い馬に負けるわけにはいかない。

JRA武豊が「インティ2世」へ英才教育!? 逃げれば「4戦4勝」ベストタッチダウン【みやこS(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】