NEW

JRA武豊キセキの「サイン」見えた!? 天皇賞・秋(G1)打倒アーモンドアイへ「カツジ」と「ソダシ」が強烈“アシスト”……超大穴カデナも急浮上!?

【この記事のキーワード】

,

JRA武豊キセキの「サイン」見えた!? 天皇賞・秋(G1)打倒アーモンドアイへ「カツジ」と「ソダシ」が強烈アシスト……超大穴カデナも急浮上!?の画像1

 31日、京都競馬場で行われたスワンS(G2)は、単勝143.7倍の11番人気「カツジ」が約2年7カ月ぶりの勝利。鞍上の岩田康誠騎手の会心の騎乗もあって、京都改修工事前の最後の重賞で大穴を開けた。

そんな波乱の決着からわずか10分後、今度は東京競馬場で行われたアルテミスS(G3)を1番人気の白毛馬の「ソダシ」が勝利。2着には2番人気の「ククナ」まで連れてくるなど、この日の東西重賞は「3文字の馬」が大活躍だった。

 毎年、8000頭近くの馬がデビューするJRA(日本中央競馬会)では、すべての馬に2文字以上、9文字以内の馬名が付けられているが、近年はディープインパクトやデアリングタクトに代表されるように英語やフランス語などを用いた長めの馬名が主流だ。

 その反面、3文字の馬はそう多くない。この日の東京競馬場には165頭、京都競馬場には171頭、合計336頭が出走したが、該当馬はわずか9頭しかいなかった。だが、この日はそんな3文字の馬が東西の重賞を勝利した。

 この“珍事”にはネット上の一部のファンが敏感に反応しており、Twitterや掲示板で早くも「カツジ、ソダシとくれば、キセキ、カデナが来る!?」「これはサインに違いない」「3文字、絶対買う」「ないと思うけど気になるw」など11月1日に行われる天皇賞・秋(G1)への“連鎖”を期待する声が高まっている。

「連鎖するかはさておき、奇しくも明日の天皇賞・秋には武豊騎手のキセキ、田辺裕信騎手のカデナと2頭の3文字の馬がエントリー。アーモンドアイが抜けた人気になっていますが、馬券圏内(3着以内)なら十分に狙えそうな2頭だけに楽しみですよ」(競馬誌ライター)

 ちなみに武豊騎手と3文字の馬といえば、2013年の日本ダービー(G1)を勝ち、種牡馬としても活躍するキズナがあまりにも有名だ。

 2018年の天皇賞・秋で3着、今年の宝塚記念(G1)でも2着と、現役トップクラスの実力馬であるキセキ。今回と同じ2000mで行われた春の大阪杯(G1)で上がり最速の末脚を繰り出し、ダノンキングリーに3/4馬身差まで迫ったカデナ。

 冷静に見ても一発がありそうな両馬だけに、「3文字の馬」の勢いに乗ってみるのもいいかもしれない。

JRA武豊キセキの「サイン」見えた!? 天皇賞・秋(G1)打倒アーモンドアイへ「カツジ」と「ソダシ」が強烈“アシスト”……超大穴カデナも急浮上!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!