NEW

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意味

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意義の画像1

 史上初の芝G1・8勝目到達、C.ルメール騎手の天皇賞5連覇など、記録ずくめだったアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)による天皇賞・秋(G1)連覇。

 記憶にも記録にも残る偉業を達成したアーモンドアイだが、実はもう1つ、ある記録を達成している。

 今回のアーモンドアイの単勝1.4倍は、天皇賞・秋における「単勝払い戻し」の最低オッズを記録。ちなみに従来の記録は昨年のアーモンドアイの単勝1.6倍だっただけに、自ら記録を更新したことになるのだ。

 10月の菊花賞(G1)ではコントレイルが単勝1.1倍に応えて無敗の三冠を達成したが、これは春の二冠でも繰り返された同世代同士の争いだった。

 対して、3歳馬も含め様々なカテゴリーから強豪が集う天皇賞・秋において、単勝1.4倍に支持されること自体がアーモンドアイの「絶対性」を物語っているといえるだろう。

 だが、実は天皇賞・秋における「単勝」の最低オッズはアーモンドアイではなく、サイレンススズカである。

 1998年の天皇賞・秋において、サイレンススズカが記録した単勝オッズは驚愕の1.2倍。61.9%という圧倒的な支持を集めた。この年の宝塚記念(G1)を制していたものの、G1・1勝馬のサイレンススズカが、G1・7勝馬だったアーモンドアイを超える単勝支持を集めた背景には、当然ながら相応の「絶対性」が存在した。

 3歳12月の香港国際C(G2)で天才・武豊騎手と初のコンビを組んだサイレンススズカ。武豊騎手が「ジョッキーは騎乗依頼が来るのをじっと待つしかない」と言い続けていた自身のスタイルを崩し、本馬への騎乗を直訴したことがきっかけだった。

 レースは5着に敗れたものの、武豊騎手が「この馬には押さえない競馬が向いている」と大きな手応えを掴んだサイレンススズカは、翌年2月のバレンタインS(OP)から怒涛の6連勝。

 特に5月の金鯱賞(G2)は、当時5連勝で京都金杯(G3)と京都記念(G2)を制したミッドナイトベットが5番人気に留まるほどの豪華メンバーだったが、1000mを58.1秒で大逃げしたサイレンススズカがライバルたちを圧倒。前年の菊花賞馬マチカネフクキタルに1.8秒差をつける大差勝ちするなど、陣営が「負けるなんて考えられない」と断言するほどの充実ぶりだった。

 さらに宝塚記念(G1)を制して迎えた秋の毎日王冠(G2)で、サイレンススズカはさらなる進化を見せる。

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配