NEW

JRAクリソベリルに並ぶ「鉄板級」軸馬はやはりアノ馬! JBCクラシック(G1)ヒモ荒れ狙いで「激アツ穴馬」が急浮上

【この記事のキーワード】, ,

JRAクリソベリルに並ぶ「鉄板級」軸馬はやはりアノ馬! JBCクラシック(G1)ヒモ荒れ狙いで「激アツ穴馬」が急浮上の画像1

 3日、大井競馬場でJBCクラシック(G1)が開催される。今年で20回目を迎える交流重賞にJRA、地方それぞれから有力馬が集結した。

 過去10年の3連単平均配当は1万2332円と堅い傾向のあるレースだ。特に、スマートファルコンとトランセンドの一騎打ちとなった2011年は250円という驚異的な低配当が飛び出している。

 これまでの優勝馬はすべて5番人気以内のJRA勢。きっちりと軸馬を見定めて、小点数で勝負するのが良さそうだ。JBCクラシックをハナビ杉崎が攻略する。

JRAクリソベリルに並ぶ「鉄板級」軸馬はやはりアノ馬! JBCクラシック(G1)ヒモ荒れ狙いで「激アツ穴馬」が急浮上の画像2
クリソベリル JBISサーチより

 まず「◎」はクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 国内負けなしのダート王を本命に推す。これまでに大井で2勝を挙げており、コース不安はない。また、前走の帝王賞(G1)では大井巧者のオメガパフュームに2馬身差をつける圧勝。ここでは勝ち負け間違いなしの1頭だ。

 ただ、地方競馬の良馬場を経験したことがないというわずかな不安がある。しかし、レースはある程度馬場が渋った状態で行われることが予想されるため、不安らしい不安は見当たらない。国内無敗記録の更新は待ったなしか。

 次に「〇」はオメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 大井開催となれば、この馬は外せない。帝王賞で1勝2着1回、東京大賞典(G1)を2勝と、大井の鬼とも呼べる存在だ。今年は平安S(G3)を59キロという酷量を背負いながらも圧勝。昨年は同斤量で3着に敗れていたことから、この1年での成長が感じられる。

また、JBCクラシックは京都開催の18年に2着、浦和開催の19年に2着と、レース相性も良好である。得意の大井で初制覇があるかもしれない。

JRAクリソベリルに並ぶ「鉄板級」軸馬はやはりアノ馬! JBCクラシック(G1)ヒモ荒れ狙いで「激アツ穴馬」が急浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!