NEW

JBCスプリント(G1)藤田菜七子「忙しかった」コパノキッキングまさかの見せ場なし! G1制覇に大きな課題も……昨年クビ差のリベンジならず

【この記事のキーワード】, ,

JBCスプリント(G1)藤田菜七子「忙しかった」コパノキッキングまさかの見せ場なし! G1制覇に大きな課題も……昨年クビ差のリベンジならずの画像1

 3日、大井競馬場で行われたJBCスプリント(G1)は矢野貴之騎手の8番人気サブノジュニアが優勝した。2着に7番人気マテラスカイ、3着には3番人気ブルドッグボスが入った。

 芝のスプリントG1・高松宮記念を優勝したモズスーパーフレア以外にも、マテラスカイ、ジャスティンといった快速馬が顔を揃えたダートのスプリントG1は、戦前から激しいハナ争いが予想されていた。

 このレースに並々ならぬ意志で挑んでいたのが、コパノキッキング(セ5、栗東・村山明厩舎)とコンビを組む藤田菜七子騎手だ。昨年11月のJBCスプリント(浦和)では、3コーナーで先頭に立つ積極策を見せるも、ブルドッグボスの強襲にクビ差2着と惜敗。JRA女性騎手のG1初制覇は持ち越しとなった。

 藤田騎手は「昨年2着と悔しい思いをしたので、そのリベンジをしたいと思っています。キッキングの良さを最大限に生かせるような騎乗をしたいと思っています」と、憧れと公言してきたG1の舞台で飛躍を誓った。

 だが、そんな藤田騎手の想いとは裏腹に、コパノキッキングはあえなく6着に敗れてしまった。

 スピード自慢が揃った16頭立てのレースは、大方の予想通り壮絶なハイペースが展開された。出負けしたモズスーパーフレアが二の脚で盛り返して先頭に立ち、これにヒロシゲゴールド、ノブワイルド、外からマテラスカイが続いた。

 コパノキッキングはゲートを出たものの、ダッシュがつかずに外目の後方から追走。ブルドッグボスは大きく出遅れて最後方からレースを進める。前半3F33秒4の激流から抜け出したモズスーパーフレアにマテラスカイが並びかけたところを、サブノジュニアが一気に交わして突き抜けた。

 後方から外を回したコパノキッキングは一瞬伸びかけたものの、6着に追い上げるのが精一杯。出遅れたブルドッグボスにも交わされてしまった。

JBCスプリント(G1)藤田菜七子「忙しかった」コパノキッキングまさかの見せ場なし! G1制覇に大きな課題も……昨年クビ差のリベンジならずの画像2

 レース後、藤田騎手は「ゲートを出てくれたけど、砂をかぶって嫌がるそぶりをしました。前で我慢できれば良かったんですけど、忙しかった。追走に手間取っていました。しまいの手応えも前走ほどの感じではありませんでした。すいません」と、敗戦を振り返った。

「前半の行きっぷりがよくなかったとはいえ、前の馬がハイペースで飛ばした展開はコパノキッキングにとっても悪くなかったと思います。ですが、藤田騎手が振り返ったように今日は追走にも余裕がなく、促しても反応が悪かったですね。

近走はかつてのようなスピードが鳴りを潜めている印象も強く、もしかしたらピークを過ぎてしまった可能性もあるのかもしれません。出遅れたブルドッグボスにも交わされましたし、力負けというしかなさそうです」(競馬記者)

 33秒4で流れた前半3Fに対し、後半3Fは37秒3と差し馬に向いた展開だっただけに、この敗戦は深刻である。

 その一方、先着を許したサブノジュニア、マテラスカイは6歳、ブルドッグボスに至っては8歳である。まだ5歳のコパノキッキングが成長に翳りを見せたことは、今後に大きな不安を残したといえるだろう。

JBCスプリント(G1)藤田菜七子「忙しかった」コパノキッキングまさかの見せ場なし! G1制覇に大きな課題も……昨年クビ差のリベンジならずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか