NEW

パチンコホール空気の流れ「見える化」実証実験を公開。感染症科の教授「素晴らしいシステム」と評価

【この記事のキーワード】,

パチンコホール空気の流れ「見える化」実証実験を公開。感染症科の教授「素晴らしいシステム」と評価の画像1

 北海道では過去最多の感染者数を出すなど、依然として猛威をふるい続ける新型コロナウイルス

 感染しやすい「3密」状態が起こりやすいとしてパチンコホールに休業要請が出されたことは周知の通りだが、かねてより紫煙や臭い対策には積極的に取り組んでおり、大半のパチンコホールはアミューズメント施設のみならず、商業施設の中でも高い換気能力を備えている。

「パチンコホールは『3密』を回避できる可能性が高いという事実を知ってもらう努力も必要」と考えた全国遊技場青年部連合会はこのほど、そんなパチンコホールでの空気の流れを「見える化」した換気実証実験を実施。映像を公開した。

 愛知医科大学感染症科の三鴨廣繁教授監修のもと行われた今回の実験では、名古屋市内にある2つのホール内にスモークを充満させ、10分後の状態を検証した。

 噴射後、ホール内を白く覆ったスモークは徐々に排気口へ吸い込まれ、開始から10分後、客席付近のスモークはほぼ排出。パチンコホール内ではしっかり換気されていることが立証され、三鴨教授は「素晴らしい換気システム」「喫煙対策に真摯に取り組んできた成果」「3密のうちの、密閉対策はほほ完璧。密集と密着についても台間のアクリル板設置で対策が取られている」と評価した。

 ホールの換気設備について、映像内で(株)オオキ建築事務所の大木啓幹一級建築士は「建築基準法と共に喫煙率の高さを設定に加えて、おおむね10分に1回程度の換気が基本」と解説。「次第に女性客が増える中で、非喫煙者にも受け入れるために空気環境をより改善するホールがスタンダードになった」とも述べた。

 この映像が公開されると、多くの業界関係者がリツイートするなど反応。パチンコ動画などでも活躍するお笑いコンビ「NONSTYLE」の井上裕介も、「パチンコ屋さんの換気はすごい」「俺の家より、よっぽどいい空気」「美女の隣を歩いているかのような心地良さ」と、芸人ならではのウィットに富んだ表現で称賛した。

 現在、パチンコホールは2020年4月1日に施行された改正健康増進法により、分煙化されている。

 ホール内の喫煙ルームのほか、外に喫煙所を設けて近隣から苦情が寄せられるなど、新たな問題が生じている点は否めないものの、ひとまず「3密対策がしっかりとなされている」という点を多くの方々に熟知してもらえれば、ファンとしても喜ばしきこと。

 同映像は順次、パチンコホールやメーカーのホームページなどでも公開するそうだ。

〇〇〇

【注目記事】

パチンコ「ボーダー激甘」の斬新RUSHが誕生!? 大物『ルパン3世』最新作を徹底考察!!

パチンコ「100%ST」の安定感で終日「3万発」も余裕!? 新規参入の“超大物”が「理想的スペック」を実現!! 【初打ち実戦速報―パチンコ―編】

パチスロ「強烈な自力感」は6号機を変える!? 「叩きどころ」満載の新機種に熱視線!!

 

パチンコホール空気の流れ「見える化」実証実験を公開。感染症科の教授「素晴らしいシステム」と評価のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合