NEW

JRA「最弱世代」の烙印不可避!? クリソベリル孤軍奮闘も……牝馬に勝てない4歳牡馬の”戦犯”たち

JRA「最弱世代」の烙印不可避!? クリソベリル孤軍奮闘も……牝馬に勝てない4歳牡馬の戦犯たちの画像1
クリソベリル JBISサーチより

 3日、大井競馬場で行われたJBCクラシック(G1)は、川田将雅騎手の1番人気クリソベリル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。オメガパフューム、チュウワウィザードらの強豪を寄せ付けず、一蹴した走りには凄みすら感じさせられた。

 自身初の海外遠征となった2月末のサウジCでは7着と敗れたものの、国内のダートレースではいまだ負けなしの8連勝は文句なしの実績だ。これといったライバルも見当たらないことからも、しばらくはクリソベリル1強時代が続くことになりそうである。

 その一方、クリソベリル以外の4歳牡馬の不甲斐なさが目につくのも見逃せない。

 牝馬はグランアレグリアがスプリンターズS(G1)勝利し、春の安田記念(G1)ではアーモンドアイ撃破の大金星を挙げた。また、クロノジェネシスは宝塚記念(G1)で牡馬相手に6馬身差の圧勝を決めている。

 また、今年は牝馬による牡牝混合GI勝ちは天皇賞・秋をアーモンドアイが優勝したことで6勝目(8戦)。これは5勝を挙げた2008年を抜いて年間最多勝記録を更新するものだ。

JRA「最弱世代」の烙印不可避!? クリソベリル孤軍奮闘も……牝馬に勝てない4歳牡馬の戦犯たちの画像2

 そんな”牝高牡低”時代を演出する一因となってしまったのが、サートゥルナーリアを筆頭にダノンキングリーらのG1戦線で苦戦を強いられている4歳世代の牡馬だろう。

 サートゥルナーリアはホープフルS(G1)と皐月賞(G1)を無敗で制したものの、日本ダービー(G1)でロジャーバローズの4着に敗退。しかし、ダービー馬はその後に右前浅屈腱炎を発症して引退、種牡馬入りした。

 さらに、菊花賞馬ワールドプレミアも昨年の有馬記念2着から体調が整わずに長期離脱。ようやくジャパンC(G1)での戦列復帰が決まったばかり。ダノンキングリーは先日の天皇賞・秋では最下位に惨敗してしまった。

「アドマイヤマーズが昨年の香港マイル(G1)を優勝したとはいえ、国内では勝ち負けが出来るほどの走りを見せられていないです。牝馬が強過ぎるだけに明暗が顕著になっているのもありますね。

ヴェロックスも小倉大賞典(G3)を惨敗してから実質”行方不明”のような状況です。残りの混合G1も4つとわずか、未勝利だけはなんとしても避けたいところですが……」(競馬記者)

 これまでの牝馬の牡牝混合GI勝ち最多記録だった2008年は、4歳牡馬のスクリーンヒーローがジャパンCを優勝し、翌年の有馬記念を同世代のドリームジャーニーが優勝した。

 幸い、ダートで無敗のクリソベリルがいるため、昨年に続いてチャンピオンズC(G1)を連覇する可能性は非常に高いと考えられる。これにより、G1年間未勝利という”大失態”だけは避けられそうだが、芝G1に関してはかなり深刻な状況といえそうだ。

JRA「最弱世代」の烙印不可避!? クリソベリル孤軍奮闘も……牝馬に勝てない4歳牡馬の”戦犯”たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!