NEW

JRA横山典弘「能力そのものが違っていた」あの圧勝から1カ月……JBCスプリント(G1)2着惜敗も「絶好調」馬主の勢いは止まらない!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA横山典弘「能力そのものが違っていた」あの圧勝から1カ月……JBCスプリント(G1)2着惜敗も「絶好調」馬主の勢いは止まらない!?の画像1

 8日、東京競馬場の芝2000mで行われる百日草特別(2歳1勝クラス)に、ヴェローチェオロ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)が出走を予定している。

 ヴェローチェオロのオーナーは大野剛嗣氏。現6歳世代からJRAで競走馬を所有しており、現在の所有頭数は8頭と大馬主に比べれば多いわけではない。

 しかし、1世代目で引き当てたのがマテラスカイ。3日、大井競馬場で行われたJBCスプリント(G1)で、惜しくも2着と敗れた馬だ。

 馬主としては、これだけでも「強運」といえそうだが、所有馬の活躍はこれだけにとどまらない。

 現5歳世代は1頭のみの所有であるが、2頭所有する現3歳世代ではブリーダーズCジュベナイル(米・G1)で5着に入り、サウジアラビアのサンバサウジダービーC(OP)を制したフルフラット。

 さらに、現2歳世代ではステラヴェローチェがサウジアラビアロイヤルC(G3)を圧勝し、無傷の2連勝中と波に乗っている。騎乗した横山典弘騎手は「馬っぷりが素晴らしいですし、能力そのものが違っていた感じがします」とステラヴェローチェを絶賛。来年のクラシックへと名乗りを上げている。

 ミニーアイルも2歳の未勝利戦を勝利しており、現2歳世代は4頭中3頭が勝ち上がり。7月から4勝と、まさに「絶好調」である。

 百日草特別に出走を予定するヴェローチェオロも、もちろん好素材。新馬戦を2番人気で快勝すると、札幌2歳S(G3)では先月31日にアルテミスS(G3)で無傷の3連勝を飾ったソダシから0.5秒差の5着。前走の芙蓉S(2歳OP)でも、クラシック候補の呼び声高いランドオブリバティに0.6秒差の3着と健闘している。

 今回はこれまでの大野拓弥騎手に乗り替わり、ステラヴェローチェをサウジアラビアロイヤルC(G3)で勝利に導いた横山典騎手。勝負気配が伝わってくる騎手変更だ。

『netkeiba.com』予想オッズでは、9.7倍の6番人気。JBCスプリントに出走したマテラスカイが7番人気ながらの2着だったことを思えば、ここでも激走する可能性は十分だろう。

 マテラスカイは2018年にもJBCスプリント(京都開催)に出走し2着と敗れている。前回に続き2着と敗れた悔しさは、オーナーの大野氏も抱いているはずだ。

 ヴェローチェオロには、そんな鬱憤を振り払うかの快勝を期待したい。

JRA横山典弘「能力そのものが違っていた」あの圧勝から1カ月……JBCスプリント(G1)2着惜敗も「絶好調」馬主の勢いは止まらない!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配