NEW

JRAアーモンドアイ「放牧」でジャパンC回避濃厚!? 香港カップ(G1)に持ち越す「9冠目」へのシナリオはアウェイ遠征で「最強」証明か

【この記事のキーワード】, ,

 1日の天皇賞・秋で日本競馬史上初となる芝G1・8勝の快挙を成し遂げたアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)。そんな「現役最強」とも謳われるアーモンドアイが4日、ノーザンファーム天栄へ放牧に出されたことが『東京スポーツ』にて報じられた。

 国枝栄調教師は「とにかく無事で問題ないので、一度天栄に出ます。これから色々なことを考えて、次のレースを決めたいと思います」と述べており、今後についてはオーナーや牧場サイドと相談するとのことだ。

 次走候補として挙がっていたジャパンC(G1)は今月の29日。この放牧により、ジャパンC出走を表明している無敗の三冠牝馬・デアリングタクトとの直接対決は現実的に厳しいものになってきた。

 また、無敗の牡馬三冠を達成したコントレイルも状態次第ではジャパンCに出走予定。5日に大山ヒルズで様子を確認してから、ジャパンC出走の有無が判断される予定だ。

「アーモンドアイのジャパンC出走は、今回の放牧でほぼなくなったのではないでしょうか。他で候補となっている香港カップ(G1・芝2000m)は12月13日。2週間も先ですから、香港への出走が濃厚だと思いますよ。

無敗の牡牝三冠馬との対戦が実現すれば盛り上がったでしょうが、馬も生き物なのでこればっかりはしょうがないですね」(競馬記者)

 確かに、ジャパンCが開催されるのは今月の29日。ローテーション的にも厳しそうではある。

 アーモンドアイを所有するシルク・ホースクラブでは、牝馬の場合「6歳3月末」を引退期限と定めている。本馬が使えるレースを考えれば、今年いっぱいまでの引退が可能性としては高そうだ。

「昨年は有馬記念で9着と惨敗しているだけに、ジャパンCの出走が無理であれば香港という可能性は極めて高そうですね。クラブ馬ですから、香港も無理ならこのまま引退ということも考えられると思います」(別の記者)

 天皇賞・秋でのアーモンドアイ8冠達成に関しては、3歳馬のサリオスや、春の安田記念で負かされたグランアレグリアなど、今が旬の有力馬が次々と別路線を選択。一部の競馬ファンからSNSや掲示板を通じて「忖度」を疑われた経緯もある。

 香港カップへ出走するとなれば、完全にアウェイ。行くからには「9冠目」の称号を手に入れて「最強」の証明としてほしいところだ。

JRAアーモンドアイ「放牧」でジャパンC回避濃厚!? 香港カップ(G1)に持ち越す「9冠目」へのシナリオはアウェイ遠征で「最強」証明かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々