NEW

JRA京王杯2歳S(G2)西山茂行オーナー「一番走るのはニシノガブリヨリ」。格上挑戦も重賞3着馬より上の評価

JRA京王杯2歳S(G2)西山茂行オーナー「一番走るのはニシノガブリヨリ」。格上挑戦も重賞3着馬より上の評価の画像1

 7日に東京競馬場で行われる京王杯2歳S(G2)は、昨年の勝ち馬タイセイビジョンが朝日杯フューチュリティS(G1)でも2着するなど、伝統のある出世レースだ。

 今年は怪物の呼び声高いリフレイムや、小倉2歳S(G3)で2着したモントライゼ、函館2歳S(G3)の勝ち馬リンゴアメなどが人気を集めることが予想されているが、その中でも注目したいのが、リーチザクラウン産駒のニシノガブリヨリ(牡2歳、栗東・橋口慎介厩舎)だ。

 9月に行われた小倉の新馬戦(1200m)を1馬身3/4差をつけて快勝したニシノガブリヨリ。2着ロングトレーンが次走の未勝利戦をあっさり勝ち上がっていることからも、決してレベルの低いレースではない。

JRA京王杯2歳S(G2)西山茂行オーナー「一番走るのはニシノガブリヨリ」。格上挑戦も重賞3着馬より上の評価の画像2

 騎乗した松山弘平騎手も「2番手でレースができたし、手応えにも終始余裕があった。強い競馬をしてくれた」と評価。管理する橋口慎介調教師も「いい内容でした」と手応えを感じるレースぶりだったようだ。

 だだ、それでもニシノガブリヨリは1戦1勝の身だ。9月のレースから1勝クラスなど、いくつかの選択肢がある中での格上挑戦。『netkeiba.com』の事前予想でも現在9番人気と、決して高い評価はされていない。

 それでも「あえて」格上挑戦したことには、西山茂行オーナーの特別な期待があるようだ。

「たぶん、一番走るのはニシノガブリヨリだと思います」

 今年10月にインタビュー(リンク)を行った時点で8頭が勝ち上がっていた西山オーナーの所有馬だが、筆頭に名を挙げたのがニシノガブリヨリ。セイウンダイモスがサウジアラビアRC(G3)で3着に好走した翌週にもかかわらず、本馬の名を挙げたことからも、その期待が窺い知れる。

「所有馬のローテーションに関して、あまり無茶をしない印象のある西山オーナーが、あえて2カ月ぶりのレースで狙い澄ましての格上挑戦。それなりの期待と自信があるからでしょうし、当然、朝日杯フューチュリティSを見据えての選択だと思います。主観で申し訳ないんですが『京王杯(2歳S)に行きます』と明かされた口調は、やっぱり少し自信ありげでしたよ」(競馬記者)

 また、ニシノガブリヨリの父リーチザクラウンは西山オーナーが種牡馬入りさせた馬。産駒が活躍したため、現在は社台スタリオンで繋養されているが、そんな縁もあって現在も西山オーナーの所有馬には同産駒が目立つ。ニシノガブリヨリは、その中でも特に期待が高い馬のようだ。

「リーチザクラウンを手掛けていた橋口弘次郎調教師の息子さん橋口慎介調教師にお願いしていますから。そういう意味でも『縁がある馬なのかな』と思っています」

 西山オーナーがそう期待を語ったニシノガブリヨリ。栗東の坂路で行われた最終追い切りでは、見守った橋口慎調教師が「凄くいい動き。前走のレースぶりからも距離が延びて良さそう」と自信を深めているようだった。

 相手は格上だが、ここも正々堂々“がぶり寄る”つもりだ。

JRA京王杯2歳S(G2)西山茂行オーナー「一番走るのはニシノガブリヨリ」。格上挑戦も重賞3着馬より上の評価のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ