NEW

伊藤健太郎「意外な素顔」発覚も時すでに遅し…。「本当に勿体ない……」「ひき逃げさえしてなければ」と惜しむ声が続出

【この記事のキーワード】

,

伊藤健太郎「意外な素顔」発覚も時すでに遅し… 「本当に勿体ない……」「ひき逃げさえしてなければ」と惜しむ声が続出の画像1

 10月29日に道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎

 この事件を引き金に各メディアはこぞって伊藤のプライベートを報じ、過去に起こしたさまざまトラブルが徐々に明るみになってきている。その内容は世間が想像していたイメージとはまったくの逆であり、すでに好感度は地に落ちている状況だ。

 そうしたなか、逮捕翌日に発売された女性向け情報誌「ゆうゆう」(主婦の友社)に登場した伊藤だが、そのインタビューで彼の“意外な素顔”が明らかとなり、ファンから惜しむ声が寄せられている。

「同誌で“仕事への向き合い方”について語っていた伊藤ですが、ベストパフォーマンスをする上で必要なのは『緊張感』だそうで、それを噛みしめながら仕事を楽しんでいるとか。仕事のオフ・オフの切り替えについては『仕事場を出た瞬間に、もうオフです、秒で(笑)』とのことで、臨機応変に気持ちを入れ替えることができるそうです。

こうしたマインドコントロールを運転中でも出来ていれば、事故を起こして逃げるなんてことはしなかったでしょうね……」(エンタメ誌ライター)

 この発言を受け、ネット上でも「本当に勿体ない」「ひき逃げさえしてなければ、まだ情状酌量の余地はあった」といった声が上がるなど、今回の事件を残念がる人間は非常に多い。

「同誌は伊藤の人間性について『かっこよくて、飾り気のない率直な性格』とべた褒めしていましたし、昨年放送の連続ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)では、曲がったことが大嫌いな正義感の強い役柄を熱演していましたからね。同誌も世間も、まさかこんなことになるとは想像もつかなかったでしょう。なおさらファンのショックは大きかったと思いますよ」(芸能ライター)

 そんなファンの傷口に塩を塗るかのように、5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が伊藤に関するとんでもない過去をスクープしており、これまでのゲスい女性関係や動物虐待など、啞然とする内容となっている。

 詳細は本誌をご覧いただくとして、仮にこれらの情報が事実だとすれば、芸能界復帰がさらに遠のいてしまいそうだが……。

伊藤健太郎「意外な素顔」発覚も時すでに遅し…。「本当に勿体ない……」「ひき逃げさえしてなければ」と惜しむ声が続出のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!