NEW

パチスロ『ミリオンゴッド凱旋』が惜しまれつつも引退へ…【11月撤去リスト】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ『ミリオンゴッド凱旋』が惜しまれつつも引退へ…【11月撤去リスト】の画像1

 2020年11月。この月はパチスロファンにとって、大きなターニングポイントとなるのではないだろうか。

 11月16日、ユニバーサルブロスの名機『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』が、いよいよ姿を消すこととなるからだ。

 出玉性能は、今さら説明不要。1セット100G継続、1G純増約3.0枚のAT機能「ゴッドゲーム(GG)」が出玉増加の主軸で、GGには連続性があるほか消化中にはセット上乗せ抽選が行われ、ヒキ次第では一撃数千枚どころか、万枚に到達することもある。

 また、初代より受け継がれた確率8192分の1のGOD揃い、2分の1でセットストック80%ループが選択される天井といった大量出玉トリガーも存在。

 設定6における安定感の高さも魅力のひとつで、動画や誌面で活躍するパチスロライターの中でも、このマシンだけをひたすら打ち続ける信者もいたほどである。

 凱旋ばかりに目が行きがちだが、11月24日にはサミーの『アラジンAⅡ』も認定期間満了で撤去。4号機爆裂AT機時代の代表ともいえる『アラジンA』の正統後継機で、AT「アラジンチャンス」や大量出玉トリガー「スーパーアラジンチャンス」などが完全継承されている。もちろん、アラチャンの突入契機は「単チェリー」だ。

 同日には、ネットの『真モグモグ風林火山2』も引退を余儀なくされる。こちらは2006年に登場した4号機『真モグモグ風林火山』の続編で、先代のストック機能とは異なる1G純増約2.4枚のAT機能「覇業への道」で破壊力の高さを再現。

 お馴染みの「モグラ叩き合戦」も健在で、「全国制覇」達成後は超上乗せ特化ゾーン「覚醒艶舞」へ突入する。

 これら3機種は高い出玉性能を誇るが故に、高射幸性機に区分された。旧規則機の設置期限延長の対象外であることから、認定期間満了と共に終幕となるわけだが、本来11月9日に期限切れを迎えるSANKYOの『パチスロ 蒼穹のファフナー』に関しては2021年1月11日までの設置が可能。

 玉の動きがアツいアナログ役物抽選「ジャッジメント」、上乗せ特化ゾーン「フェストゥムラッシュ」が絡むことで一気大量出玉が狙えるART機能「蒼穹作戦」はまだまだ体感できるので、ファンは撤去される前に設置店をピックアップし、思う存分、レバーを一打入魂しよう。

〇〇〇

【注目記事】

パチンコ「余裕で一撃3万発」を超える衝撃!?「怪物マシン」最高峰スペック実現を期待する声!!

パチンコ「100%ST」の“美女軍団”が襲来!? 魅力と魅惑に満ちた「カリスマ」の力を堪能せよ!!

パチンコ『北斗無双』で理想の実戦!? 「無双マスター」が過去“最高〇〇”を達成!!

パチンコ新台「最高継続率95%」に続く朗報!? 旋風を巻き起こした「巨大コンテンツ」始動に熱視線!!

パチスロ『ミリオンゴッド凱旋』が惜しまれつつも引退へ…【11月撤去リスト】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合