NEW

元乃木坂46メンバー「ホスト遊び」で櫻坂46ファンを挑発? 「視聴数稼ぎ」「あてつけ」など指摘の声

【この記事のキーワード】

,

元乃木坂46メンバー「ホスト遊び」で櫻坂46ファンを挑発? 「視聴数稼ぎ」「あてつけ」など指摘の声の画像1

 元乃木坂46の川後陽菜が11月1日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「【悲報】収益化がストップしました。」と題した動画をアップしたのだが、このタイトルと内容が一部ファンの反感を買っている。

 川後によると、8月14日に公開した「【体験談】タレントのフリーランスって実際どうなの?」と題した動画内で使用された音楽が、収益化停止の原因だったという。これが「著作権侵害」にあたるとして、著作権を持っていると主張する団体がYouTubeの運営に申告し、その結果チャンネルの収益化がストップしてしまったらしい。

 しかし、川後の動画内で使用している楽曲は全て著作権フリー。そのため、すぐに異議申し立てを行ったところ、収益化は再開されたとのことだ。

 この報告を受け、視聴者から「本当に良かったね!」「川後さん凄いですね。頑張りました!」などと祝福のコメントが寄せられた一方、「事実だけど、タイトルで煽りすぎなのでは」「今は収益化されているんでしょ?」「明らかにタイトルで視聴数を稼ごうとしている」など、動画内容とやや乖離したタイトルに対して厳しい指摘も相次いでいる。

「こうした煽り文句はネット上のコンテンツでよく見られ、YouTubeでは常套手段にひとつです。とはいえ、『収益化がストップしました』というタイトルだと、“現在進行中”と解釈されてもおかしくはなく、タイトルの先頭に“悲報”というワードを使っている点も、深刻さをよりアピールしているという印象を受けます。視聴回数こそが正義のYouTube界において、このようなタイトル付けはある意味正解だといえますが、真面目に心配したファンからすれば肩透かしを食らった気分でしょうね」(芸能ライター)

 ファンを刺激するようなタイトル付けが賛否を呼んでいる川後。その一方、先月投稿されたゲーム動画では、妹グループ・櫻坂46(旧・欅坂46)のファンを煽ってしまったようだ。

「問題の動画は10月26日にアップされた『ゲーム「悪酔い物語」でホストになって美女を酔わせてみた』というゲーム実況動画。このゲームの内容自体はまったく問題ないのですが、ホストといえば欅坂46の元メンバー・石森虹花が、9月20日付の「文春オンライン」(文藝春秋)で新宿・歌舞伎町の売れっ子ホストとの“自宅デート愛”がスクープされています。そのため、『なぜこのタイミングでホストゲームを選んだの?』『あてつけ?』など、一部の欅坂ファンの怒りを買ってしまったようです」(アイドル誌ライター)

 熱狂的なファンの心理は、川後自身もよく理解しているはず。今後はもう少しファン目線になって企画を考えるべきかもしれない。

元乃木坂46メンバー「ホスト遊び」で櫻坂46ファンを挑発? 「視聴数稼ぎ」「あてつけ」など指摘の声のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!