NEW

JRA藤田菜七子いよいよ「限界」のシーズンか……デビューから4年連続「自己最多勝更新」進化見せるも、残り2カ月で12勝

【この記事のキーワード】,

JRA藤田菜七子いよいよ「限界」のシーズンか……デビューから4年連続「自己最多勝更新」進化見せるも、残り2カ月で12勝の画像1

 7日、福島競馬場で行われた8R(1勝クラス)は、1番人気のジュビリーヘッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)が優勝。鞍上の藤田菜七子騎手にとっては、先月17日以来となる久々の勝利となった。

 15頭立てで行われた芝1200mのレース。好スタートからハナをうかがったジュビリーヘッドだが、8枠14番の外枠だったこともあって自重。逃げ馬を見るような形から4コーナーで先頭集団に並びかけると、内から先に抜け出したリヴェールをゴール前で捉えた。

「ジュビリーヘッドの前走は1番人気ながら13着に大敗。鞍上の北村友一騎手が手前をコロコロ替えてしまう癖を指摘していましたが、この日も藤田騎手がレース後に『気持ちや体は幼い感じ』と話していた通り、コーナーでやや膨らむなど、課題が解消されたわけではなさそうです。最後の直線で思ったほど後続を引き離せなかったのは、気性面の問題があるのかもしれません。

ただ、今回は藤田騎手が上手に乗っていましたね。この日はデビュー勝ち以来のスプリント戦でしたが、現状は距離も1200mが良さそうです」(競馬記者)

 先月17日以来の勝利となった藤田騎手は、これで今年32勝目。現在(11月6日現在)関東リーディング11位と決して悪い成績ではないが、このままだといよいよ「頭打ちのシーズン」となるかもしれない。

 というのも、デビューイヤーから6→14→27→43と年々勝ち星を増やしてきた藤田騎手だが、残り約2カ月で昨年の43勝を上回るには、これまで以上の量産ペースが求められるからだ。

「今年はJRA通算100勝を記録するなど大きな節目を迎えた藤田騎手ですが、同時に減量騎手を卒業することにもなりました。ここまで勝率自体は昨年とほぼ変わっていませんが、純粋に騎乗数が減っている印象。減量特典がなくなったことが微妙に影響している印象です」(別の記者)

 確かに昨年703回騎乗した藤田騎手だが、今年は先週までで478回に留まっている。単純にチャンスが減ったことが、勝ち星の伸び悩みにつながっているようだ。

「1番人気の騎乗自体が3週間ぶりだったように、騎乗馬の質を上げることが課題でしょう。そんな藤田騎手にとって、ノーザンファーム系の一口馬主クラブとなるキャロットファーム所属の1番人気馬で勝てたことは、普通の勝ち星以上に大きな1勝だと思います」(同)

「外枠で外々を回っても勝てたし、能力がありますね。まだまだ良くなりそうで楽しみです」

 レース後、勝ち馬をそう評価した藤田騎手がキャロットファームの所属馬で勝利を挙げたのは2018年の1月以来、約2年10カ月ぶりだ。今年も残すところあと約2カ月、4年連続の自己最多勝利更新へ、ラストスパートの鍵は生産界の絶対王者ノーザンファームの評価が握っているのかもしれない。

JRA藤田菜七子いよいよ「限界」のシーズンか……デビューから4年連続「自己最多勝更新」進化見せるも、残り2カ月で12勝のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由