NEW

JRA武豊「相当能力があります」ファンタジーS(G3)メイケイエール「白毛一族」ソダシに続く3連勝! 課題を残した阪神JF(G1)に待ち受ける「ウワサ」の大器

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「相当能力があります」ファンタジーS(G3)メイケイエール「白毛一族」ソダシに続く3連勝! 課題を残した阪神JF(G1)に待ち受ける「ウワサ」の大器の画像1

 恐るべし……白毛一族。

 7日、阪神競馬場で行われたファンタジーS(G3)は、1番人気のメイケイエール(牝2歳、栗東・武英智厩舎)が優勝。見事デビューから3連勝を飾った。

 前走に引き続き鞍上は武豊騎手。1200mから1400mへ、距離を延ばしての一戦であった。

 12頭立てとなったレースでは、好スタートを切ったフリードが内枠を利して先頭へ。ゲートの中でチャカついたメイケイエールは、スタート後にバランスを崩し後方からの競馬となった。

 メイケイエールは、武豊騎手が「前半から力んで、夢中になって走っていましたね。なだめてはいたけど、抑えが利かなくて……」と話したように、かかりながら外の2列目まで押し上げる形に。

 横一列に並んだ3頭を見る形で向かえた直線。外から追い出されるとじょじょに脚を伸ばし、残り200m辺りで先頭に立ったメイケイエール。最後は外からオパールムーンの追撃に遭ったが、3/4馬身凌いで押し切った。

 武豊騎手は「(道中かかっていたから)本当なら厳しいレースになるはずだが、この結果ですから相当能力があります」とメイケイエールを評価。

 ただ、「折り合いひとつで1600mでも大丈夫だと思いますが、今のままだと距離が延びるのは……。能力は高いですが、明確な課題があるので、そこですね」と、次走予定されるであろう阪神JF(G1)での不安を口にした。

 メイケイエールは、父が新種牡馬のミッキーアイルで、母がシロインジャー。鹿毛馬である本馬だが、シラユキヒメから繋がる「白毛一族」の1頭だ。

 つまりは、先日のアルテミスS(G3)で3連勝を飾った白毛馬、同じ2歳馬のソダシは近親。この世代、シラユキヒメの一族から2頭目の無敗3勝馬が誕生したことになる。

「メイケイエールはかかりながらあの競馬ですから、かなり強かったですよね。前走の小倉2歳S(G3)でマッチレースを繰り広げたモントライゼも、今日(7日)の東京メイン京王杯2歳S(G2・1400m)を勝利。小倉2歳Sの上位2頭が東西両メインで重賞制覇することになりました。

次走は阪神JFが濃厚かと思われますが、武豊騎手もいうように問題は気性ですよね……。同じシラユキヒメ一族のソダシは1600mのアルテミスSで勝利を挙げていますし、京王杯2歳Sで仕掛け遅れて5着に敗れたリフレイムなんかも距離が伸びて良さそうに見えました。メイケイエールも確かに強いとは思いますが、あのままでは1600mでは厳しいと思いますよ」(競馬記者)

 確かに1600mのG1ともなると、気性に問題のない馬もゴロゴロいる。リフレイムやアルテミスSの上位組も脅威だが、アルテミスSで3着であったテンハッピーローズをサフラン賞で撃破した、サトノレイナスも相当な大器と「ウワサ」の一頭だ。

 今後に大きな課題が残ったメイケイエールは、武豊騎手の「英才教育」でどこまで改善を成すのか……。今後の成長を見守りたいところだ。

JRA武豊「相当能力があります」ファンタジーS(G3)メイケイエール「白毛一族」ソダシに続く3連勝! 課題を残した阪神JF(G1)に待ち受ける「ウワサ」の大器のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由