NEW

JRA「大器の片鱗」オヌール見せた極上の切れ! 武豊「ヒヤヒヤした」……スケールの大きさは全姉デゼル以上か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「大器の片鱗」オヌール見せた極上の切れ! 武豊「ヒヤヒヤした」……スケールの大きさは全姉デゼル以上かの画像1

 8日、阪神競馬場で行われた5Rの新馬戦(芝1800m)は、武豊騎手の1番人気オヌール(牝2、栗東・友道康夫厩舎)が、単勝1.4倍の圧倒的な支持に応えて快勝。2着は4番人気コーディアル、3着には5番人気スズカトップバゴが入った。勝ちタイムは1分48秒7(良馬場)。

 2着馬とはクビ差の辛勝も、着差以上のスケールを感じさせたデビュー戦だったかもしれない。

 10頭立てのレースを好位3番手から抜け出して、上がり3Fのタイムは33秒4の切れ味も披露。全姉デゼルの手綱も取った武豊騎手もデビュー時の姉より上の評価をしていたのも納得だ。

 血統的にも父はディープインパクト、母のアヴニールセルタンはフランスの2冠牝馬という超良血馬のオヌール。472キロでデビューした全姉デゼルに対し、オヌールは418キロと小柄な馬体だが、鋭い末脚は姉にも見劣らない。

 コンビを組んだ武豊騎手はレース後、「ヒヤヒヤしたけどね。まだまだ幼い、気性的もフィジカル的にも。お姉さんとよく似ていますよ」と高評価。「デビュー戦も同じような感じだったし。この時期なので、これからですね。来年が楽しみです」と、早くもクラシックを意識しているとも受け取れるコメントを残したことも、同馬に対する期待の高さが感じられる。

 土曜の阪神メイン・ファンタジーS(G3)では、同じく武豊騎手が騎乗していたメイケイエールがレコード勝ち。1週前の追い切りでも芝の3頭併せでラスト11秒1を馬なりでマークしたように、オヌールの魅力は末脚の切れだ。軽い馬場で時計も出ていた開幕週の阪神は、デビュー戦に最適の条件だったといえるだろう。

「後続を突き放すような派手な勝ち方ではありませんでしたが、センスの良さを感じるデビュー勝ちだったと思います。一見、地味に映ったのは武豊騎手が大事に乗ったこともあるでしょう。

内で馬群に囲まれながらもスッと抜け出しての勝利。派手なアクションもないままの押し切りは、ダメージが残らない好内容だったと評価できます。レース後もすぐに息が入っていたようにまだ余力が残っていたと思います」(競馬記者)

 姉と大きく違ったのは好位抜け出しで勝利を飾ったことだろう。

 スタートが遅いデゼルは、これまでの4戦すべてが後方からの競馬をせざるを得なかった。だが、妹のオヌールは今のところは問題なさそう。

 また、デゼルが体質の弱さもあってデヒューが3月と遅かったのに対し、オヌールは11月にデビュー勝ちとローテーションにも余裕がある。次走は未定だが、それまでにどれだけ馬体が成長しているかにも注目したい1頭だ。

JRA「大器の片鱗」オヌール見せた極上の切れ! 武豊「ヒヤヒヤした」……スケールの大きさは全姉デゼル以上かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!