NEW

JRA最年長「54歳」柴田善臣が「2日連続」重賞3着! レジェンド岡部幸雄氏超えも時間の問題か

【この記事のキーワード】, ,

JRA最年長「54歳」柴田善臣が「2日連続」重賞3着! レジェンド岡部幸雄氏超えも時間の問題かの画像1

 8日、東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(G2)。勝ったのは、C.ルメール騎手が騎乗した3番人気のオーソリティだった。

 2着に6番人気ラストドラフト、3着には9番人気のサンアップルトン(牡4歳、美浦・中野栄治厩舎)が食い込み、3連単は20万円を超える高配当となった。4着には1番人気のユーキャンスマイルが入ったため、「3、4着が入れ替わっていれば当たっていた」というファンも多かったのではないだろうか。

JRA最年長「54歳」柴田善臣が「2日連続」重賞3着! レジェンド岡部幸雄氏超えも時間の問題かの画像2

 1~3着馬で最も人気薄だったのがサンアップルトン。騎乗していたのは、JRA最年長54歳の柴田善臣騎手だった。

 同馬がまだ1勝馬だった昨年10月に初めてコンビを組むと、そこから4戦3勝。僅か4か月強という短期間で同馬をオープンクラスに導いた。まさに良き“先生ぶり”を発揮したといっていいだろう。

「サンアップルトンは3歳秋まで6戦1勝と伸び悩んでいましたが、柴田騎手が脚を溜める競馬を教え込んだことで急成長しました。重賞挑戦は今回(アルゼンチン共和国杯)が3度目で、斤量も実績馬相手に55kgと見込まれました。そんななか、上がり最速をマークした末脚は高く評価すべきでしょう。柴田騎手がずっと騎乗していることもプラスになっていると思います。レース選択次第では、次走での重賞制覇も見えてきたのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 柴田騎手が重賞制覇を狙える馬はサンアップルトンだけではない。前日の京王杯2歳S(G2)で3着に好走したユングヴィ(牡2歳、美浦・大江原哲厩舎)も高い能力の持ち主だ。柴田騎手は6月の新馬戦から3戦連続でユングヴィに騎乗。この馬には、デビューから“英才教育”を施している。

 重賞初挑戦でモントライゼに「クビ+クビ」差に迫ったユングヴィ。血統的にも柴田騎手の思い入れは強いだろう。ユングヴィの父はミュゼスルタン。かつて同じ大江原厩舎に所属し、現役時代にはデビューから柴田騎手が手綱を取った。

 2014年の2歳時には新馬戦、新潟2歳S(G3)を連勝。骨折休養を挟み、翌年のNHKマイルC(G1)では2番人気で3着に入った。その後は日本ダービー(G1)にも出走するなど期待されたが、度重なるケガが原因で、結局7戦(3勝)で引退した。ユングヴィは、3頭しかいないミュゼスルタン初年度産駒の1頭である。

 5番人気のユングヴィと、9番人気のサンアップルトンという伏兵を2日連続で3着に持ってきた柴田騎手。もしどちらかが突き抜けていれば、岡部幸雄元騎手が持つJRA史上最年長重賞V記録を更新していたが、それはお預けとなった。

 しかし、英才教育を施した2頭の走りっぷりから、いずれ重賞制覇のチャンスは来るだろう。その時、鞍上には柴田騎手がいるはずだ。レジェンド岡部氏の偉大な最年長記録を塗り替える瞬間は、いつ来てもおかしくない。

JRA最年長「54歳」柴田善臣が「2日連続」重賞3着! レジェンド岡部幸雄氏超えも時間の問題かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由