NEW

JRA武豊ベストタッチダウン「手応え“詐欺”実況」に批判殺到!? みやこS「手応えは、それほど悪くなさそう」から最下位大敗にファンがっかり……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊ベストタッチダウン「手応え詐欺実況」に批判殺到!? みやこS「手応えは、それほど悪くなさそう」から最下位大敗にファンがっかり……の画像1

「どこが!?」と思ったファンも多かったかもしれない。

 8日、阪神競馬場で行われたみやこS(G3)は、川田将雅騎乗の1番人気のクリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)が優勝。2018年に芝の京都記念(G2)を勝ち、凱旋門賞(仏G1)にも挑んだ実力馬が、ダートで新たなタイトルを手にした。

 一方、2番人気に推されながらも最下位に沈んだのが、武豊騎乗のベストタッチダウン(牡4歳、栗東・橋口慎介厩舎)だ。

 これまでハナに立てば4戦4勝だったベストタッチダウン。この日は10頭立てと頭数も手頃で、スタートからすんなりと逃げることができた武豊騎手が「楽なペースで前半から入れて『いいかな』と思った」と振り返った通り、決して悪いペースではなかったようだ。

 しかし、「3コーナー過ぎてから手応えがなくなった」という言葉通り、勝負所でペースが上がってからはズルズルと後退……。武豊騎手も懸命に促したが、ほぼ無抵抗のまま最下位に沈んだ。

「今年は京都競馬場が改修工事に入ったため、みやこSは阪神開催でした。ベストタッチダウンにとって3戦3勝の京都コースで戦えなかったことは不幸でしたが、今回と同じ阪神のダート1800mでも、1勝クラスで2着に1.7秒差もつける大差で逃げ切っていますからね。ファンもその辺りを信用して2番人気に支持したんだと思います。

ただ、この日はハナに立てたものの終始エアアルマスに張り付かれる厳しい展開。武豊騎手は『楽なペース』とコメントしていましたが、1000m通過60.5秒は逃げ馬にとっては厳しいペース。その上に脆さが大きく出てしまった印象です。これまでのレースぶりからも、決してここまで負けてしまう馬ではないんですが……」(競馬記者)

 その一方、テレビでベストタッチダウンを応援していたファンの間では「3コーナーでの実況」が話題になっているようだ。

JRA武豊ベストタッチダウン「手応え“詐欺”実況」に批判殺到!? みやこS「手応えは、それほど悪くなさそう」から最下位大敗にファンがっかり……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!