NEW

JRA M.デムーロ「最後の砦」崩壊寸前も、ドゥラメンテ”バブル”再来のチャンス!? ノーザン系クラブ馬”重賞未勝利”の「大惨事」から復活のカギはあの馬か

●デムーロ騎手のノーザンファーム生産馬での重賞成績
(着順、勝率、連対率、複勝率)

2015年 [5-0-0-5/10] 50.0%、50.0%、50.0%
2016年 [3-5-5-15/28] 10.7%、28.6%、46.4%
2017年 [9-3-4-13/29] 31.0%、41.4%、55.2%
2018年 [7-5-5-14/31] 22.6%、38.7%、54.8%
2019年 [2-5-3-14/24] 8.3%、29.2%、41.7%
2020年 [2-3-4-18/27] 7.4%、18.5%、33.3%

 2017年には重賞9勝、勝率30%超えの成績を誇っていたが、昨年と今年は勝率が10%を切り、わずか2勝どまりとなっている。これには騎乗馬の質が低下していることが原因にある。

JRA M.デムーロ「最後の砦」崩壊寸前も、ドゥラメンテバブル再来のチャンス!? ノーザン系クラブ馬重賞未勝利の「大惨事」から復活のカギはあの馬かの画像3

「サートゥルナーリアがルメール騎手に乗り替わりとなった2019年から潮目が変わったように感じられます。今では完全に『有力馬=ルメール騎手』という流れです。

勝率こそ今年が最低ですが、昨年は騎乗数が大きく減少しており、ノーザン系のクラブ馬で1勝も挙げることができませんでした。しかし、今年は騎乗数が増えてきています。これにはラッキーライラック、プリモシーンとクラブ馬で2勝を挙げたことが影響しているかもしれませんね。

サリオスで期待に応えることができれば、騎乗依頼の馬質向上につながるかもしれませんよ」(競馬記者)

 サリオスを管理する堀厩舎といえば、かつてドゥラメンテでデムーロ騎手と一世を風靡。同コンビが活躍したのは2015~16年で、デムーロ騎手大活躍の礎を築いたとも言えるだろう。再び、「堀厩舎×ノーザンファーム」の有力馬で競馬界を盛り上げることができるだろうか。

 デムーロ騎手の今後を占う意味でも、マイルCSは重要なレースとなりそうだ。

JRA M.デムーロ「最後の砦」崩壊寸前も、ドゥラメンテ”バブル”再来のチャンス!? ノーザン系クラブ馬”重賞未勝利”の「大惨事」から復活のカギはあの馬かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?