NEW

JRA福永祐一「屈辱」有終の美に華!? エリザベス女王杯(G1)松田国英調教師と「21年越し」に挑む脇役であり続けた「名牝」のリベンジ

【この記事のキーワード】

, ,

JRA福永祐一「屈辱」有終の美に華!? エリザベス女王杯(G1)松田国英調教師と「21年越し」に挑む脇役であり続けた「名牝」のリベンジの画像1

 15日、阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)に、ソフトフルート(牝3歳、栗東・松田国英厩舎)が出走を予定している。

 鞍上は、前走の藤岡康太騎手から乗り替わり福永祐一騎手。松田調教師とのコンビでは、ダイワエルシエーロのオークス(G1)、フサイチリシャールの朝日杯FS(G1)と、G1で2勝しているコンビだ。

 このコンビでエリザベス女王杯といえば、思い出されるのがフサイチエアデール。2000年前後の牝馬戦線を盛り上げた一頭といえるだろう。

 武豊騎手鞍上で1998年にデビューしたフサイチエアデールは、単勝1.8倍の圧倒的支持を集めながらも13着と惨敗。その後の未勝利戦でも、5着、2着と勝ち切れないでいた。

 しかし、デビューから4戦目となった未勝利戦で一変。2着に8馬身差をつけて圧勝したところから、フサイチエアデールの運命は動き出す。

 続く、さざんか賞では高橋亮騎手に乗り替わり2着に惜敗。再び武豊騎手へと鞍上が戻ったフサイチエアデールは、シンザン記念(G3)を優勝し、続く桜花賞トライアル・4歳牝馬特別(G2)で連勝を飾った。

 完全に勢いづいたフサイチエアデールは、桜花賞(G1)でも2番人気と多くの支持を集めていたが2着に惜敗。続くオークス(G1)でも5着と敗れる。

 福永祐一騎手が、初めてフサイチエアデールで競馬に挑んだのがローズS(G2)。結果は2着に敗れたが、タイム差なしの惜しい競馬であった。

 秋華賞(G1)でも5着と敗れたフサイチエアデール。古馬との初対決となったエリザベス女王杯では、7番人気と評価を落としていた。

 しかしながら、このレースで2着と健闘。勝利したのは、これがラストランとなったメジロドーベルだった。

 2000年となってからは、ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)、マーメイドS(G3)を勝利するなど重賞戦線でも活躍したフサイチエアデール。しかしながら、未だにG1制覇には手が届かないでいた。

JRA福永祐一「屈辱」有終の美に華!? エリザベス女王杯(G1)松田国英調教師と「21年越し」に挑む脇役であり続けた「名牝」のリベンジのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!