NEW

JRAデアリングタクト効果だけじゃない!? ノルマンディー募集馬「人気高騰」に、あの「怪物」が意外な形でアシストか

JRAデアリングタクト効果だけじゃない!? ノルマンディー募集馬「人気高騰」に、あの「怪物」が意外な形でアシストかの画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 史上初となる無敗3冠牝馬に輝いたデアリングタクト。2018年のセレクトセールで1296万円という低価格で落札された同馬が、日本競馬界を席巻したのはまさにシンデレラストーリーと言えるだろう。

 オーナーはノルマンディーサラブレッドレーシング(以下、ノルマンディーTR)のため、出資した一口馬主はわずか4.4万円/1口で大きな夢が見られているはずだ。総額1760万円のデアリングタクトはすでに、獲得賞金は4億円に迫る勢い。2匹目のどじょうを狙う出資者も多いのではないだろうか。

 実際に、9日に発表されたノルマンディーTRの2019年産募集馬の申込状況では顕著に影響が現れている。

 現在は先行募集期間だが、28頭の募集馬のうち10頭が満口を超える申し込み状況。人気馬は募集口数に対して200%を超える申し込みとなっており、11日の締め切りまでの間に更なる競争激化となるかもしれない。通常募集を待たずして、多くの馬が満口になりそうな勢いだ。

 これまでに同クラブの所属馬によるJRA重賞制覇は、プラチナムバレットが京都新聞杯(G2)、アナザートゥルースがアンタレスS(G3)をそれぞれ優勝。低価格で出資できるというメリットがある反面、G1級の大物を輩出には至らなかった。

 だが、デアリングタクトの出現により、大きく注目を集めたと言えるだろう。やはり、同じ父の産駒に注目が集まるのも無理はない。デアリングタクトと同じエピファネイア産駒は2頭が募集対象となっており、ともに人気を集めている。

 実は、ノルマンディーTRの人気に拍車をかけたのは、デアリングタクトだけではないかもしれない。それを上回る人気を見せているのがゴールドシップ産駒だ。

 現在、2歳リーディングで9勝を挙げ、10位タイ(8日現在)のゴールドシップ。新種牡馬ドゥラメンテ、モーリスがともに21勝、種牡馬としては同期にあたるエピファネイア、キズナがそれぞれ19勝、16勝を挙げていることを考えれば、物足りない成績に映るだろう。

 しかし、前述の種牡馬と比較すると出走頭数が約半分のため、勝ち馬率では遜色ない。そのため、ノルマンディーTRで募集されているエピファネイアやドゥラメンテ産駒と比較して、ゴールドシップ産駒の募集価格が安いことを考えれば、人気が集まるのも納得である。

「ゴールドシップ産駒の勝ち上がり率は高く、一口で出資するには持って来いかもしれませんね。現在の重賞勝ちはブラックホールのみですが、まだ種牡馬としては2年目なのでこれから大物が出てくる可能性も十分にあります。

ノルマンディーTRとしても、同じグループが所有するゴールドシップの仔が走れば、相乗効果が生まれるので期待しているはずですよ。

また、今回ゴールドシップ産駒に人気が集まったのには8日の新馬戦で、同産駒のスノークォーツが優勝したことも影響しているとも考えられます」(競馬記者)

 これまでノルマンディーTRが所有するゴールドシップ産駒は、3頭が出走するも未勝利だった。これは出資者にとっては不安要素だったが、8日にスノークォーツが初勝利を挙げたことも後押しとなったのかもしれない。

 デアリングタクトとゴールドシップ効果が表れたノルマンディーTRの1歳募集馬。果たして、この中から“デアリングタクト2世”は誕生するのだろうか。

JRAデアリングタクト効果だけじゃない!? ノルマンディー募集馬「人気高騰」に、あの「怪物」が意外な形でアシストかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!