NEW

JRA「まるでG1」武蔵野S(G3)モズアスコットVSサンライズノヴァ再び! 超豪華G3「攻略」のカギとなるのは今年のトレンド

JRA「まるでG1」武蔵野S(G3)モズアスコットVSサンライズノヴァ再び! 超豪華G3攻略の「カギ」となるのは今年のトレンドの画像3

 振り返れば今年のダート戦線で目立っているのは、芝で活躍をしていた馬のダート重賞好走だろう。安田記念馬モズアスコットのフェブラリーS優勝をはじめ、1月の東海S(G2)を制したエアアルマス、7月のプロキオンS(G3)で2着に入ったエアスピネル、エルムSを制したタイムフライヤー、そしてみやこSを制したクリンチャーと多くの馬が結果を出した。

「距離適性を考慮すると、陣営の狙いはチャンピオンズCよりもマイルの武蔵野Sかもしれません。松田国師も引退前にこの馬でフェブラリーSを勝ちたいと言っていたように、ベスト条件でしょう。

昨年も2着に入っていますし、フェブラリーSでは5着に敗れたとはいえ、内容は目を引くものでした。ハイペースを積極的に先行して掲示板に残ったのはこの馬だけだったように、このときからすでに復調気配を感じられましたね」(競馬記者)

 モズアスコットが59キロ、サンライズノヴァも58キロのハンデに対し、タイムフライヤーは57キロで出走できることは有利である。17年のホープフルSでG1を勝利して以降、約2年7か月もの間、勝利から見放されていた馬がダートで連勝して復活をアピールした。

 先週の京王杯2歳S(G2)、アルゼンチン共和国杯(G2)で土日重賞制覇と現在絶好調のC.ルメール騎手が手綱を取るなら3連勝も夢ではなさそうだ。

JRA「まるでG1」武蔵野S(G3)モズアスコットVSサンライズノヴァ再び! 超豪華G3「攻略」のカギとなるのは今年のトレンドのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  3. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  4. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  5. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  8. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  9. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  10. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁