NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)状態“上向き”ラヴズオンリーユー、勝てばクラブ初「〇〇超え」!窮地のDMMバヌーシーを再び救えるか!?

JRAエリザベス女王杯(G1)状態上向きラヴズオンリーユー、勝てばクラブ初「〇〇超え」!窮地のDMMバヌーシーを再び救えるか!?の画像1

 15日、阪神競馬場ではエリザベス女王杯(G1)が開催される。昨年1番人気に支持されるも、3着に敗れたラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が1年越しのリベンジを狙う。

 デビュー4連勝で昨年のオークス(G1)を制覇したラヴズオンリーユーだが、それ以降は4戦未勝利。前走は府中牝馬S(G2)で5着に沈んだ。

 しかし管理する矢作調教師はひと叩きされた効果を感じている様子だ。最終追い切り後、「状態が一番良かったオークスの時を10とすれば前走は7ぐらい。今度は8から9には近づけると思う」と上積みを強調。復活を懸け、試金石の一戦となりそうだ。

 そんなラヴズオンリーユーを所有するのは新興の一口馬主クラブ『DMMバヌーシー』。2016年に設立され、翌17年の夏に初年度募集馬がデビュー。1年目は3頭だけというさみしいラインアップだったが、キタノコマンドールという素質馬がクラシックを賑わせた。デビュー2連勝の勝ちっぷりから、皐月賞、日本ダービーでも上位人気となったが、大舞台では結果を出せず。その後、屈腱炎を発症し、復帰を目指すもかなわず、そのまま引退となった。

 そんな“広告塔”を失ったDMMを救ったのが、2年目募集馬のラヴズオンリーユーだった。全兄にリアルスティールがいる良血馬は、13頭の中で最大の目玉として総額3億円超という破格の金額で募集された。

 これには、「高すぎる」という声が大勢を占めたが、とんとん拍子で勝ち鞍を重ね、4戦目でオークスを制覇。新たなヒロインはスター不在となったDMMの窮地を救った。

 そのラヴズオンリーユーはオークス後、勝ちきれない競馬が続く。それでも少しずつ賞金を積み重ね、現在の総獲得賞金額は2億2000万円を超え、回収率は70%に達した。もし15日のエリザベス女王杯を勝てば、1億円以上の賞金が加算され、クラブ史上初の回収率100%超えを果たす。

「DMMは、このレースを絶対に勝ちたいはずです。今年デビューした現2歳世代は有望な馬も何頭かいますが、ラヴズオンリーユーの1歳下の現3歳世代は、正直役者不足です。12頭がデビューし、9頭が勝ち上がりましたが、2勝馬は1頭もいません。しばらくはラヴズオンリーユーに頼らざるを得ない状況ですが、矢作厩舎ならその期待にあっさり応えても驚けないですよ」(競馬誌ライター)

JRAエリザベス女王杯(G1)状態上向きラヴズオンリーユー、勝てばクラブ初「〇〇超え」!窮地のDMMバヌーシーを再び救えるか!?の画像2

 ちょうど1年前、エリザベス女王杯を前に矢作調教師は「リスグラシューのような存在になれる」と愛馬の未来像を語っていた。ラヴズオンリーユーにとって今後の目標となるのが、そのリスグラシューだろう。

 奇しくもリスグラシューは4歳時のエリザベス女王杯を3番人気で制し、それをきっかけに、大きく飛躍を遂げた。翌年の宝塚記念からG1を3連勝。絶頂期のまま有馬記念で有終の美を飾り、惜しまれつつ引退した。

 ラヴズオンリーユーも血統的にはやや晩成型で、見限るのは早計。偉大な先輩、リスグラシューと同じような成長曲線を描くことはできるだろうか。

JRAエリザベス女王杯(G1)状態“上向き”ラヴズオンリーユー、勝てばクラブ初「〇〇超え」!窮地のDMMバヌーシーを再び救えるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突