NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)ライバルはラヴズオンリーユーとサラキア!? 「激走」条件完全一致のお宝馬が急浮上! 上位人気馬が信用できない「決定的」な理由

【この記事のキーワード】,

JRAエリザベス女王杯(G1)ライバルはラヴズオンリーユーとサラキア!? 「激走」条件完全一致のお宝馬が急浮上! 上位人気馬が信用できない「決定的」な理由の画像1

 12日、天皇賞・秋(G1)を制して史上初の芝G1・8勝を挙げたアーモンドアイのジャパンC(G1)が発表された。29日に開催されるレースながらも競馬ファンの間では、この話題で持ち切りとなっている。

 振り返れば今年の競馬界は異例づくしだったといえるだろう。アーモンドアイの8冠のみならず、牡馬はコントレイルが無敗の3冠馬、牝馬はデアリングタクトがこれまた史上初の無敗3冠馬に輝いた。

 一生に一度見られるかどうかのドリームマッチに沸くのは当然ではあるが、その前に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)を忘れてはいけない。

 今年の京都競馬場の開催は11月1日を以て終了。以降は改修工事に入り、2023年春まで休止されるため、関西圏の中央競馬はすべて阪神で行われる。天皇賞・春、秋華賞、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルCSなどの5つのG1も来年は阪神での代替開催が決まっている。

 エリザベス女王杯についても、直線が平坦な京都から直線に坂のある阪神へと替わることは過去のデータや傾向が直結しない可能性が高くなる。

 例年の京都開催では外回りのBコースを使用し、直線は398.7mなのに対し、阪神開催では内回りのAコースを使用し、直線は356.5mと短くなるが、ゴール前に急坂がある。これにより、種牡馬の得意不得意が異なってくるため注意が必要だ。次に記載しているのは今年のエリザベス女王杯出走予定馬の父の成績である。

■京都芝2200mの種牡馬成績2019年以降
種牡馬名、産駒成績、勝率、連対率、複勝率
ディープインパクト 6-3-10-30/49、12.2%、18.4%、38.8%
ルーラーシップ   5-3-1-15/24、20.8%、33.3%、37.5%
ゴールドシップ   2-0-0-1/3、66.7%、66.7%、66.7%
オルフェーヴル   2-1-0-8/11、18.2%、27.3%、27.3%
ハーツクライ    2-1-3-22/28、7.1%、10.7%、21.4%
ハービンジャー   1-3-2-13/19、5.3%、21.1%、31.6%
ヴィクトワールピサ 0-1-3-10/14、0.0%、7.1%、28.6%
モンテロッソ    0-1-0-0/ 1、0.0%、100.0%、100.0%
スクリーンヒーロー 0-0-0-5/ 5、0.0%、0.0%、0.0%

■阪神芝2200mの種牡馬成績2019年以降
種牡馬名、産駒成績、勝率、連対率、複勝率
ディープインパクト 5-4-1-25/35、14.3%、25.7%、28.6%
ハーツクライ    4-0-2-16/22、18.2%、18.2%、27.3%
ルーラーシップ   1-3-3-7/14、7.1%、28.6%、50.0%
ヴィクトワールピサ 1-0-0-6/ 7、14.3%、14.3%、14.3%
ハービンジャー   0-1-3-10/14、0.0%、7.1%、28.6%
オルフェーヴル   0-1-1-8/10、0.0%、10.0%、20.0%
スクリーンヒーロー 0-1-1-3/ 5、0.0%、20.0%、40.0%
ゴールドシップ   0-0-1-0/ 1、0.0%、0.0%、100.0%
キングズベスト   0-0-0-1/ 1、0.0%、0.0%、0.0%

 京都ではディープインパクトとルーラーシップ2強を形成していたが、阪神だとディープインパクトとハーツクライの2強となっていることに注目したい。さらに、ハーツクライは勝率でもディープインパクトを圧倒している。

JRAエリザベス女王杯(G1)ライバルはラヴズオンリーユーとサラキア!? 「激走」条件完全一致のお宝馬が急浮上! 上位人気馬が信用できない「決定的」な理由の画像2

 そして、出走予定馬中で唯一のハーツクライ産駒が、シャドウディーヴァ(牝4、美浦・斎藤誠厩舎)だ。前走の府中牝馬S(G2)はサラキアの2着に敗れたものの、1番人気のラヴズオンリーユーには先着を果たした。

 また、同レースは過去10年、エリザベス女王杯で4勝と好相性のステップでもある。種牡馬成績優秀なディープインパクト産駒サラキア、ラヴズオンリーユーとともに、積極的に狙ってみたい1頭だろう。

 札幌記念組はラッキーライラックのオルフェーヴル産駒、ノームコアのハービンジャー産駒がこの条件で未勝利なら、チャンスは十分にありそうだ。

JRAエリザベス女王杯(G1)ライバルはラヴズオンリーユーとサラキア!? 「激走」条件完全一致のお宝馬が急浮上! 上位人気馬が信用できない「決定的」な理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか