NEW

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策か

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策かの画像1

 ラッキーライラックに試練が与えられた。

 15日、阪神競馬場でエリザベス女王杯(G1)が開催される。1番人気に支持されるのは、G1・3勝で実績最上位のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)だろう。

 デビューから3連勝で阪神JF(G1)を制して最優秀2歳牝馬に輝いたラッキーライラックは世代トップの呼び声が高かった。しかし、翌年のクラシックはアーモンドアイが総なめ。予期せぬライバルの台頭に遇い、主役の座を奪われた。

 それからなかなか勝ちきれないレースが続いたが、C.スミヨン騎手との初コンビで挑んだ昨年のエリザベス女王杯を優勝。これまでの先行抜け出しの競馬から一転、脚を溜めて終いにかけるレーススタイルで復活を遂げた。

 その後は、大阪杯(G1)で3つ目のG1タイトルを獲得。溜める競馬がラッキーライラックの能力を最大限に引き出すことが証明された。

 エリザベス女王杯はアーモンドアイ、クロノジェネシス、デアリングタクトといった強敵不在のため、ここでラッキーライラックは負けるわけにはいかないはずだ。

 今年の全レースで手綱を取ったM.デムーロ騎手がラヴズオンリーユーに騎乗するためコンビ解消となったが、新たにC.ルメール騎手を鞍上に迎え入れる。現在、重賞3連勝中と絶好調のトップジョッキーは心強いパートナーとなるだろう。

 追い切りで初コンタクトを取ったルメール騎手は「すごくいい馬。乗った感じはイメージ通り力がある」と話しており、どうやら好感触を掴んだようだ。

 だが、今回は「枠順」が大きな障害となりそうだ。

 13日の枠順発表で、ラッキーライラックは大外の8枠18番からの発走が決定。これは大きな割引材料と言えるだろう。

 昨年のエリザベス女王杯は1枠2番から終始インで脚を溜め、大阪杯も5枠5番から同様の競馬で結果を残している。だが、大外枠からの発走となれば、内を進むことは困難になる。

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!