NEW

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策か

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策かの画像2

 さらに、共同会見でルメール騎手は阪神コースについて「3、4コーナーのカーブは長いですから大外を回ることになったらキツいと思います」とコメント。続けて、「でも、フェアなコースです」と話しているが、大外を回すロスを避けたいのが本音だろう。

「やはりラッキーライラックにとって理想のレース運びは、昨年のエリザベス女王杯や大阪杯のように前に馬を置いてインコース追走に思えます。そのため、大外枠はマイナス要素ですね。

前走の札幌記念(G2)は早めの抜け出しで、差し馬の目標にされてしまい3着に敗れました。4コーナーで大外を回さないように早めの仕掛けをすれば、前走の二の舞となる危険性があります。ルメール騎手がどのような騎乗を見せるか見物ですね」(競馬記者)

 先週のアルゼンチン共和国杯(G2)でルメール騎手は2番人気オーソリティを18番枠から優勝に導いたばかり。単独3番手の位置を積極的に取りにいった好騎乗があってこその結果である。これには元ジョッキーの安藤勝己氏もTwitterで「やっぱりルメール。大外枠から位置取って、終始馬場のいい所を選んどるもん」と称賛した。

 果たして、今週のルメール騎手は大外枠からどのような騎乗を見せるだろうか。

JRA「でも、フェアなコースです」C.ルメール2週連続「大外枠」にガックリ!? エリザベス女王杯(G1)「絶望」ラッキーライラック頼みの綱は名手の秘策かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由