NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)ラヴズオンリーユーに不穏なウワサ!? 秋華賞10番人気マジックキャッスル2着も予期した『門外不出の関係者ネタ』が激アツ!!

JRAエリザベス女王杯(G1)ラヴズオンリーユーに不穏なウワサ!? 秋華賞10番人気マジックキャッスル2着も予期した『門外不出の関係者ネタ』が激アツ!!の画像1

 毎週のように、競馬関係者から編集部に寄せられるマル秘ネタの数々。それがあったからこそ、今年の秋華賞(G1)で10番人気ながら2着に入ったマジックキャッスルの激走気配、菊花賞(G1)でも4番人気で2着だったアリストテレス、5番人気で3着だったサトノフラッグの状態の良さなどを伝えることができた。

 そして今週のエリザベス女王杯(G1)に関しても、もちろん“とある筋”から情報が届けられている。今回も紹介する出走馬の注目情報が、ステキな馬券ライフの手助けになれば幸いだ。

 人気の一角を担うと見られているラヴズオンリーユー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)はドバイ遠征から歯車が狂っているようだ。

 今年は3月にドバイからの始動を試みたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止。レースを迎えることなく帰国するという憂き目にあった。

 帰国後はヴィクトリアマイル(G1)7着に終わると、ともに1番人気に支持された鳴尾記念(G3)2着、府中牝馬S(G2)5着と人気を裏切り続けている。

「前走は重い馬場が堪えたとはいえ、相手関係から考えても物足りない内容。ドバイ遠征の影響があるとはいえ、半年以上経っているので、そろそろ本領を発揮してもらいたいところなのですが、稽古を見てもまだいい頃のフォームには戻っていないように思えました。

 ラヴズオンリーミー産駒は調子の変動が激しく、ラングレーやリアルスティールも管理する陣営は苦労したといいます。同馬も同じ傾向があるようで、スタッフも『使った上積みに期待したいところだけど、どうも良化がスローで状態が上向いた感じはない』と肩を落としていました」(栗東関係者A)

JRAエリザベス女王杯(G1)ラヴズオンリーユーに不穏なウワサ!? 秋華賞10番人気マジックキャッスル2着も予期した『門外不出の関係者ネタ』が激アツ!!の画像2
サラキア 競馬つらつらより

 復調気配を見せるサラキア(牝5、栗東・池添学厩舎)には熱視線が送られている。

 今年に入ってから重賞で凡走が続いていたが、8月に小倉日経OP(OP)を勝利すると、府中牝馬Sも好位追走から快勝。2連勝を飾ってG1の舞台に戻ってきた。

「夏場を得意としているようで、『代謝が良くなるので本当に相性がいい。あと古馬になって無駄な力を使わなくなったことも大きいかな』と、スタッフは好走した近2走について教えてくれました。

ただその一方、冬場は不得手のようで『体が硬くなりやすく、フットワークの可動域も狭くなるね。最近、急激に寒くなってきたから……』と不安気でした。また状態もさることながら、芝2200mの距離もこの馬からすると少々長い気がしますね」(栗東関係者B)

JRAエリザベス女王杯(G1)ラヴズオンリーユーに不穏なウワサ!? 秋華賞10番人気マジックキャッスル2着も予期した『門外不出の関係者ネタ』が激アツ!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか