NEW

元JRAジョッキー安藤勝己「無理だなと思ったね」エリザベス女王杯(G1)で「大失態」!? 「これはヤバい」血の気ひいた3コーナー「まさか、あの2頭が……」

【この記事のキーワード】,

元JRAジョッキー安藤勝己「無理だなと思ったね」エリザベス女王杯(G1)で「大失態」!? 「これはヤバい」血の気ひいた3コーナー「まさか、あの2頭が……」の画像1

 15日、阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)だが、自身の同レースについて元JRAジョッキー・安藤勝己氏がYouTubeチャンネル「アンカッちゃんねる」で振り返った。

 安藤氏といえば、1976年に公営・笠松競馬場で騎手デビュー。1978年に初めて同場の最多勝利騎手となって以来、通算19回その地位に就いた騎手である。

 1980年にはJRA(日本中央競馬会)で初騎乗。1990年代後半よりJRAでのスポット参戦が頻繁となり、2003年にJRAへ移籍している。

「アンカツ」の愛称はあまりにも有名で、全国的に知られた名ジョッキーだ。

 エリザベス女王杯では、2007年にダイワスカーレットで勝利。ウオッカとのライバル対決が期待されたレースであった。

 安藤氏は、ウオッカについて「ウオッカの方が距離的には合うかなって気がしてたんで、やっぱ恐い馬だなってのは思ってましたけどね」と語っている。

 しかし、当日の朝にウオッカが右関節跛行を発症し出走取消。安藤氏が「やめたことによって、いっそ楽になったなと思いましたね」と話したように、ダイワスカーレットは単勝1.9倍と断然人気に推されていた。

 レースでは好スタートから楽々とハナを奪ったダイワスカーレット。安藤氏が「道中やっぱりね、ちょっと力んで走っていたんだけどね」と話したように、手綱をガッチリと抑えながらの「逃げ」であった。

 道中では力みもとれ、リラックスした走り。4コーナーを回る際も手応えは十分であった。

 直線に入って後続を突き放しにかかったが、それに食らいつく昨年の覇者・フサイチパンドラ。しかし、その差はなかなか縮まらず、ダイワスカーレットが3/4差で逃げ切った。

 エリザベス女王杯での初勝利を挙げた安藤氏。しかし、その2年後のエリザベス女王杯には苦い思い出もある。

 2009年の第34回エリザベス女王杯。騎乗したのは1番人気のブエナビスタだった。

 ダイワスカーレットと同じく単勝1倍台(1.6倍)の断然人気に推され挑んだ一戦。レースは18頭立てで行われ、好スタートからクィーンスプマンテが先手を奪った。2番手にはテイエムプリキュア。1番人気のブエナビスタは後方でジックリと構えた。

元JRAジョッキー安藤勝己「無理だなと思ったね」エリザベス女王杯(G1)で「大失態」!? 「これはヤバい」血の気ひいた3コーナー「まさか、あの2頭が……」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突