NEW

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル“異次元”の33.6秒

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル異次元の33.6秒の画像1

 14日、東京競馬場で行われた6R新馬戦は、2番人気のルージュアドラブル(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)が勝利。鞍上のC.ルメール騎手は、これがJRA通算1300勝の節目となった。

 11頭立てで行われた芝1400mのレース。スタートで出遅れたルージュアドラブルは中団やや後方で脚を溜めると、最後の直線で外に持ち出されてからは異次元の伸び脚。鞍上のルメール騎手が「直線で大外に出してから、すごくいい反応」と振り返った通り、あっという間に先頭に並びかけると、上がり33.6秒の末脚で2馬身半突き抜けた。

「2着フレーズバニーユも3着馬を4馬身突き放す強い競馬をしたんですが、手応えが違い過ぎましたね。結局、ルメール騎手は一度もムチを使っていないように、このメンバーではルージュアドラブルが何枚も上手でした。

レース後、ルメール騎手が『物見をしていて道中の手応えは良くなかった』と話している通り、まだまだ幼い面がありますが、走りは大きなスケールを感じさせるもの。ロードカナロア産駒だけに現状はマイル前後が主戦場になりそうですが、精神面が成長すれば距離もこなせるかもしれません」(競馬記者)

 ルメール騎手に国枝厩舎、そしてロードカナロア産駒の牝馬といえば、やはり大先輩のアーモンドアイが想起される。衝撃的なデビュー戦を飾っただけに、ネット上の一部の競馬ファンからは早くも「アーモンドアイ2世」を“襲名”されたようだ。

「まだ比べるのは可哀そうですが、アーモンドアイも1400mでデビューしていますし、今日の内容なら先々も楽しみな馬です。

この日も390kgと入厩当初からずっと馬体重が課題になっているルージュアドラブルですが、重賞2勝と活躍したお母さんのココロノアイも448kgでデビューして472kgで引退したように、まだまだこれから成長の余地があるでしょう。馬体がしっかりしてくれば、来春のクラシックでは、この馬にルメール騎手が乗っているかもしれませんよ」(同)

 また、JRA初騎乗から6215戦目だったこのレースで通算1300勝を達成したルメール騎手は、武豊騎手の7022戦を上回る最速ペース。今年もこれで179勝目と、自身が持つ年間最多勝記録215勝の更新も視野に入っている。

「次はもっといい手応えになると思う」

 レース後、そうルージュアドラブルを評価したルメール騎手。最愛のパートナー・アーモンドアイは今月のジャパンC(G1)での引退が発表されたばかりだが、再び大きな夢を見せてくれるかもしれない。

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル“異次元”の33.6秒のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!