NEW

JRA【マイルCS(G1)展望】王者グランアレグリアVS超新星サリオス! C.ルメールVS M.デムーロ第2Rは豪華「G1馬8頭」の共演

JRA【マイルCS(G1)展望】王者グランアレグリアVS超新星サリオス! C.ルメールVS M.デムーロ第2Rは豪華「G1馬8頭」の共演の画像3

 関西の代表格は、G1・4勝目を狙うアドマイヤマーズ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。昨年12月の香港マイル(G1)制覇後は、安田記念で6着、スワンSで3着と不本意なレースが続いている。

 2走前の安田記念では、グランアレグリアに0秒7差つけられ完敗を喫したが、3度の直接対決では2勝している。前走は初の1400m戦で、馬体重は過去最高だった。あくまでも前哨戦仕様の馬体で、叩かれ2戦目の上がり目に期待できそうだ。

JRA【マイルCS(G1)展望】王者グランアレグリアVS超新星サリオス! C.ルメールVS M.デムーロ第2Rは豪華「G1馬8頭」の共演の画像4

 昨年の春秋マイル王、インディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は有力古馬の中で唯一の直行組。前走の安田記念はグランアレグリアから0秒5差の3着に敗れた。

 当初はスプリンターズSに出走する予定だったが、右のトモを痛め無念の回避。再放牧後、先月下旬に帰厩し、調整されてきた。1週前追い切りは、栗東坂路で50秒8の好時計をマークしたが、叩き良化型だけに状態は慎重に見極める必要がありそうだ。

 昨年の2歳女王レシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士)は古馬と初めての対戦を迎える。昨年の阪神JF(G1)はウオッカ超えとなる2歳コースレコードで圧巻の逃げ切り勝ちを収めたスピード馬だ。

 3歳になってからは惜しい競馬が続き、3戦して「0-2-1-0」。2着に敗れたNHKマイルC以来、半年ぶりの実戦となるが、他に逃げたい馬は見当たらず、マイペースの逃げに持ち込めそう。

 帰厩後は、約1か月間じっくり乗り込まれ、1週前追い切りでは栗東坂路で好タイムをマーク。状態面に不安はなさそうで、昨年暮れの再現を狙う。

 NHKマイルCでレシステンシアを破ったのがラウダシオン(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。その時は9番人気という伏兵の1頭だったが、デムーロ騎手が前残り馬場をうまく読み、2番手追走から直線レシステンシアをかわし、G1制覇を飾った。

 前走の富士S(G2)では、その一戦がフロック視されたのか3番人気という評価。それでも前半3ハロン33秒8というハイペースを3番手で進み、古馬相手に2着と健闘した。

 その前走はプラス16kgと馬体は大きく成長、ひと叩きされ、本番ではさらなる上昇が見込まれる。同世代のサリオスとは、昨年の朝日杯FS以来の対戦。その時は8着に敗れたが、同じG1馬として成長の証しを見せたいところだろう。

JRA【マイルCS(G1)展望】王者グランアレグリアVS超新星サリオス! C.ルメールVS M.デムーロ第2Rは豪華「G1馬8頭」の共演のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合