NEW

JRA川田将雅「全力で走ってくれた」超良血ポタジェが3連勝でオープン入り! 「6億円」武豊アドマイヤビルゴとの因縁対決も気になる「次走」は……

【この記事のキーワード】

,

JRA川田将雅「全力で走ってくれた」超良血ポタジェが3連勝でオープン入り! 「6億円」武豊アドマイヤビルゴとの因縁対決も気になる「次走」は……の画像1

 14日、阪神競馬場で行われた岸和田S(3勝クラス)は、1番人気のポタジェ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。重賞4勝を上げたルージュバックの弟が、単勝1.3倍の人気に応える3連勝で一気のオープン入りを果たした。

 9頭立てで行われた芝2000mのレースで、スタートを決めたポタジェは好位からの競馬。最後の直線を迎えた際は、先頭から3馬身以上離されていたが、川田将雅騎手の激に応えてしぶとく伸びると、最後は逃げ粘るダノンマジェスティをクビ差捉えた。

「逃げたダノンマジェスティは約2年4カ月ぶりのレースでしたが、前が簡単には止まらない今の阪神の馬場も手伝って想像以上の粘り。着差はクビ差でしたが、そんな中で勝ち切ったことが大きいと思います。

前走で川田騎手が『早く動かないといけない形になった』と課題を挙げていたこもとあって、この日はじっくり脚を溜める競馬。その分、逃げ馬に粘られましたが何とか勝ち切りましたね」(競馬記者)

 オールカマー(G2)や毎日王冠(G2)など、重賞を4勝したルージュバックの半弟としてデビューし、新馬戦を単勝1.3倍で快勝した際はクラシック候補にも挙げられていたポタジェ。

 しかし、日本ダービー(G1)出走を懸けて挑んだプリンシパルS(L)において、クビ差の2着で出走権を逃すなど、結局クラシックに参戦することはできなかった。

 だが、夏に自己条件を連勝すると、この日も接戦を制しての3連勝。遅咲きの良血馬が、いよいよ頭角を現してきた印象だ。

「姉のルージュバックはきさらぎ賞(G3)を勝って、桜花賞(G1)で1番人気に支持されたほどの馬でしたが、本格化したのは古馬になってからでした。ポタジェもクラシックには間に合いませんでしたが、厩舎が大事に使ったこともあって、ここまで7戦4勝2着3回の連対率100%。母ジンジャーパンチはブリーダーズCディスタフなどG1・6勝の名牝だけに、関係者の期待も大きく、来年以降が楽しみな存在です」(同)

 また、気になる次走は未定ながら、これで6戦連続の2000m出走と陣営が距離に拘りを持っていることもあって、順調なら12月のチャレンジC(G3)、中日新聞杯(G3)、来年1月の中山金杯(G3、いずれも2000m)などが有力視されている。

「同じような立場に先月のムーンライトH(3勝クラス)を勝ち上がった同世代のアドマイヤビルゴがいますが、距離の適性的にも近い将来、同じレースで戦うことになるでしょう。本馬の主戦・武豊騎手は今春、ポタジェに騎乗しながらも2戦連続2着……。

一部のネット上のファンからは『大事に乗りすぎ』『もっと勝ちにいってほしかった』と、武豊騎手の騎乗に疑問の声もありました。結果的にポタジェは、その敗戦で出世が遅れた面もあるだけに、この2頭の対決は注目されるでしょうね」(別の記者)

「今日も全力でしっかり走ってくれました。その分、何とか勝ち切ることができました」

 レース後、そう相棒を労った川田騎手。今後はアドマイヤビルゴらオープンクラスの強豪が相手になるが、姉が果たせなかったG1制覇を期待したい。

JRA川田将雅「全力で走ってくれた」超良血ポタジェが3連勝でオープン入り! 「6億円」武豊アドマイヤビルゴとの因縁対決も気になる「次走」は……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!