NEW

JRA武蔵野S(G3)サンライズノヴァ「豪脚一閃」! 松若風馬「モズスーパーフレア」で大きく成長「信頼」取り戻した“改心”の勝利!?

【この記事のキーワード】, ,

 14日、東京競馬場で行われた武蔵野S(G3)は、3番人気のサンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。

 サンライズノヴァにとって武蔵野Sは、一昨年に戸崎圭太騎手の手綱で制した舞台。今回騎乗した松若風馬騎手は、武蔵野S初制覇となった。

 レースでは後方に位置取ったサンライズノヴァ。レース後、松若騎手が「大味な形の方がいいと思っていました」と話したように、3コーナーでは後方3番手と肝の据わった騎乗であった。

 直線にかけて外を押し上げる松若騎手のサンライズノヴァ。直線に入っても、先頭との差は大きく開いていた。

 しかし、残り400mをきって勢いのついたサンライズノヴァは、大外から豪脚一閃の脚を見せる。前との差をグングン詰めると、残り100m辺りで先頭。そのまま押し切ってゴールした。

 松若騎手にとって、サンライズノヴァは特別な存在だったはず。2014年にデビューした松若騎手が、3年にも満たない状態で主戦を任された「期待馬」だった。

 デビュー戦こそ戸崎圭太騎手が手綱を握ったサンライズノヴァであったが、その後は5戦連続で松若騎手が騎乗。しかし、鳳雛S(OP)での騎乗にオーナーが激怒し、その後は主戦から降ろされていた。

JRA松若風馬に「大物馬主」が激怒!? 武蔵野S(G3)自身の手綱で取り戻す「信頼」。若手ジョッキーが味わった4カ月半の「放置プレー」

 2走前から再び連続での騎乗を任されていたが、一度は自分の騎乗が原因で降ろされた馬。今回も引き締まった気持ちだったはずだ。

 鳳雛S(2017年5月21日)以降、翌週アメリカズカップでの日本ダービー(G1)初騎乗や、2017年8月19日にデビューした後のG1馬モズスーパーフレアへ騎乗。騎手として大きく成長したことだろう。

 モズスーパーフレアでは、昨年のスプリンターズS(G1)で2着と健闘。今年の高松宮記念(G1)では1着降着(クリノガウディー)ではあったが、G1での初勝利も飾っている。

 成長した姿で再び主戦を務めることとなったサンライズノヴァ。今回の勝利でオーナーの「信頼」も取り戻せたことだろう。

 鳳雛Sでは先行して4着に敗れただけに、松若騎手にとって今回の肝が据わった騎乗は「会心の勝利」だったに違いない。

 レース後「強気な競馬をして、馬もそれに応えてくれましたね。直線では届くかなと不安でしたが、最後までしぶとく脚を使ってくれました。このまま無事に本番までいってくれれば」とサンライズノヴァを労った松若騎手。

 オーナーに対しては“改心”の勝利をアピールできたのではないだろうか。

JRA武蔵野S(G3)サンライズノヴァ「豪脚一閃」! 松若風馬「モズスーパーフレア」で大きく成長「信頼」取り戻した“改心”の勝利!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か