NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)横山典弘ノームコア「悲劇の前ポツン」16着大敗にブーイングの嵐!?「思い描いたレースはできた」天才ジョッキーの“奇策”に悲鳴

【この記事のキーワード】, ,

JRAエリザベス女王杯(G1)横山典弘ノームコア「悲劇の前ポツン」16着大敗にブーイングの嵐!?「思い描いたレースはできた」天才ジョッキーの奇策に悲鳴の画像1

 15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は、1番人気のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)が連覇を達成。阪神のG1・3勝はグレード制導入以降初の記録となった。

 またまた、C.ルメール騎手だ。この秋はスプリンターズS(G1)、天皇賞・秋(G1)に続くG1・3勝目。これで今年G1・6勝目と、自身が持つ年間最多勝記録8勝の更新も視野に入ってくるなど絶好調。来週のマイルCS(G1)で1番人気が濃厚なグランアレグリア、ジャパンC(G1)でラストランを迎えるアーモンドアイにも、大きな期待が懸かっている。

JRAエリザベス女王杯(G1)横山典弘ノームコア「悲劇の前ポツン」16着大敗にブーイングの嵐!?「思い描いたレースはできた」天才ジョッキーの奇策に悲鳴の画像2

 一方、そんな勝利騎手よりも不本意な形で目立ってしまったのが、2番人気のノームコア(牝6歳、美浦・萩原清厩舎)に騎乗していた横山典弘騎手だ。

「思い描いていたレースはできた」

 これも“天才”が故の発想なのだろうか……。全馬がほぼ揃ったスタートを決めたものの、どの馬もハナに立ちたがらない展開。スローペース濃厚に思われた直後、果敢に先頭に躍り出たのが横山典騎手とノームコアだった。

 3年前のデビュー戦以来の逃げとなったノームコアだったが、勢いよく後続を突き放していく。2コーナーを回る頃には、2番手のリアアメリアに5馬身以上の差をつける大逃げとなった。

 ノームコア先頭のまま最後の直線入り口を迎えたが、1番人気のラッキーライラックが早めに並びかける逃げ馬にとっては厳しい展開。結局、ノームコアはほぼ抵抗することもなく16着に沈んでいる。

 この結果に納得できないのが、ノームコアを応援していたファンだ。

 ネット上ではレース直後から掲示板やSNSを通じて「何故、逃げた?」「これは暴走」「逃げるなんて聞いてないよ」など横山典騎手の騎乗に対する疑問の声が続々……。中には、かつて横山典騎手とコンビを組んだアエロリットやセイウンスカイといった芦毛の逃げ馬の名を挙げ「馬を間違えたんじゃ……」といった声もあった。

 ここ3年以上逃げたことがなかったノームコアの“奇襲”に、戸惑ったファンも多かったようだ。

JRAエリザベス女王杯(G1)横山典弘ノームコア「悲劇の前ポツン」16着大敗にブーイングの嵐!?「思い描いたレースはできた」天才ジョッキーの“奇策”に悲鳴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ