NEW

JRAジャパンC登録馬「珍客襲来」に騒然!? アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトら豪華共演に、キャリア69戦目の初G1「横山典弘ファイヤー」以来の珍事も……

【この記事のキーワード】, ,

JRAジャパンC(G1)「珍客襲来」に騒然!? アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトら豪華共演に、キャリア69戦目の初G1「横山典弘ファイヤー」以来の珍事も……の画像1

 我が目を疑ったファンも多かったようだ……。

 15日、JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページで、ジャパンC(G1、29日)の特別登録馬が発表された。

 コントレイル、デアリングタクトという無敗の三冠馬に加え、芝G1・8勝目を挙げた現役No.1ホース・アーモンドアイが出走を表明したことで、空前の盛り上がりを見せている今年のジャパンC。さらに、先週のエリザベス女王杯(G1)で3着と復調の気配を見せたラヴズオンリーユーも登録するなど、いよいよ役者が揃ってきた印象だ。

JRAジャパンC(G1)「珍客襲来」に騒然!? アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトら豪華共演に、キャリア69戦目の初G1「横山典弘ファイヤー」以来の珍事も……の画像2

 そんな中、競馬史上最高ともいえる頂上決戦に異例の“飛び入り参加”を表明したのが、ヨシオ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎)だ。

 この状況を受け、ネット上の競馬ファンはSNSなどで「ヨシオが迷い込んだ!?」「なんかの間違いじゃないよな」「2度見……いや、5度見したw」など、早くも困惑を隠せない様子……中には「勝ったら永遠に語り継がれる奇跡」「逆に応援したくなった」と、果敢な?挑戦を支持する声も上がっている。

 それもそのはず、仮に出走すればヨシオにとって、2015年7月のデビュー戦以来の芝挑戦。約5年間ずっとダートで走り続けており、主な勝ち鞍はダートの1200mジャニュアリーS(OP)と、芝2400mで行われるジャパンCとは、あまりにもかけ離れた存在だからだ。

「ヨシオといえば、ここまでキャリア68戦とタフに走り続けていることで有名な馬。ちなみにアーモンドアイは今年4戦目でのジャパンC参戦ですが、ヨシオにとっては11戦目になります。

管理しているのが、未出走馬のヘヴィータンクを弥生賞(G2)に出走させたことでも有名な森秀行調教師だけに、おそらくは“顔見せ”だけだと思いますが、もしかしたらもしかするかもしれませんね」(競馬記者)

 ジャパンCの“珍客”といえば、2013年にダートの1600万下(現3勝クラス)を勝ったばかりの身ながら、名手・横山典弘騎手とのコンビで出走したファイヤーが有名だ。

JRAジャパンC登録馬「珍客襲来」に騒然!? アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトら豪華共演に、キャリア69戦目の初G1「横山典弘ファイヤー」以来の珍事も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦