NEW

JRAまたして返り討ちM.デムーロ……。マイルCS(G1)サリオスで「倍返し」チャンス到来もリベンジは困難!? C.ルメールとの「決定的な差」とは

JRAまたして返り討ちM.デムーロ……。マイルCS(G1)サリオスで「倍返し」チャンス到来もリベンジは困難!? C.ルメールとの「決定的な差」とはの画像1

 15日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は1番人気ラッキーライラックが優勝。同レース連覇はメジロドーベル、アドマイヤグルーヴ、スノーフェアリーに次ぐ史上4頭目の快挙である。

 これまで内で脚を溜める競馬で結果を残してきたラッキーライラック。そのため、今回の大外18番枠からの発走は懸念された。1番人気とはいえ、単勝オッズ3.3倍はG1・3勝の圧倒的な実績を考慮すれば、過小評価と言えるだろう。それだけ、ファンからすれば大外がマイナス要素となっていたと考えられる。

 だが、初コンビを組んだC.ルメール騎手は後方12番手で前に馬を置いて折り合いをつけると、3コーナーから外を回って徐々に進出を開始。直線に入ると早くも先頭に立ち、鋭く追い込むサラキアの追撃を凌いで押し切り勝ちを飾った。枠順の不利を跳ねのけたルメール騎手の好騎乗と呼べるだろう。

 その一方、M.デムーロのラヴズオンリーユーは3着に惜敗。かつてのパートナーに返り討ちに遇う結果となった。

「デムーロ騎手がラヴズオンリーユーの騎乗を選択したため、ラッキーライラックはルメール騎手に乗り替わりとなりました。選択ミスとも言われかねない悔しい敗戦となってしまいましたね。

ただ、5歳のラッキーライラックは引退が迫っているため、デビューから手綱を取り続けている4歳のラヴズオンリーユーを選んだのはやむを得ないと言えるでしょう。同馬は2年連続で3着に入っており、来年もチャンスがありそうなので期待したいですね」(競馬記者)

 デムーロ騎手からルメール騎手の乗り替わりと言えば、今年の菊花賞(G1)で2着に激走したアリストテレスが思い出される。

 同馬もデムーロ騎手が主戦を務めていたが、菊花賞は抽選対象になることから確実に出走できるマンオブスピリットの騎乗を選択。しかし、アリストテレスは無事に抽選突破し、コントレイルをクビ差まで追い詰めた。対するマンオブスピリットは11着に惨敗。究極の2択に失敗したのだった。

 だが、今週末に行われるマイルCS(G1)はデムーロ騎手にとってリベンジのチャンスとなる。

JRAまたして返り討ちM.デムーロ……。マイルCS(G1)サリオスで「倍返し」チャンス到来もリベンジは困難!? C.ルメールとの「決定的な差」とはの画像2

 デムーロ騎手が騎乗するのは3歳世代No.2の呼び声高いサリオス。前走で手綱を取ったルメール騎手がグランアレグリアに騎乗するため、騎乗依頼が舞い込んだ。最近、デムーロ騎手から乗り替わった馬で、ルメール騎手が結果を出されているだけに、勝利することができれば名誉挽回となるだろう。

 しかし、この乗り替わりには不吉なデータが存在する。

JRAまたして返り討ちM.デムーロ……。マイルCS(G1)サリオスで「倍返し」チャンス到来もリベンジは困難!? C.ルメールとの「決定的な差」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回
  3. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  4. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?
  5. JRA川田将雅「鬼タックル」で武豊撃破!G1級のお株奪われたトゥデイイズザデイ、3連単は「史上最低」270円
  6. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  7. JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」
  8. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  9. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  10. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感