NEW

JRAラッキーライラック「弘法筆を選ばず」で「史上初」!? 有馬記念(G1)視野で、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ越え「大偉業」の可能性も

【この記事のキーワード】,

●4人の騎手でG1・4勝以上を挙げた馬とその内訳(敬称略)
・ウオッカ
四位洋文(06年阪神JF、07年日本ダービー)、岩田康誠(08年安田記念)、武豊(08年天皇賞・秋、09年ヴィクトリアマイル)、ルメール(09年ジャパンC)
・ブエナビスタ
安藤勝己(08年阪神JF、09年桜花賞、オークス)、横山典弘(10年ヴィクトリアマイル)、スミヨン(10年天皇賞・秋)、岩田康(11年ジャパンC)
・ジェンティルドンナ
岩田康(12年桜花賞、秋華賞、ジャパンC)、川田将雅(12年オークス)、R.ムーア(13年ジャパンC、14年ドバイシーマC)、戸崎圭太(14年有馬記念)

 近年を代表する名牝がずらりと並んでいる。そして今年のエリザベス女王杯を制したラッキーライラックもここに名を刻むことになった。乗り役を選ばないのも名馬の証と呼べるのかもしれない。

JRAラッキーライラック「弘法筆を選ばず」で「史上初」!? 有馬記念(G1)視野で、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ越え「大偉業」の可能性もの画像3

「クラブ馬の台頭で騎手の乗り替わりが珍しくない時代となったのが、大きく影響しています。結果を残せなければ、非情な乗り替わりが待ち受けていますからね。

もし、ラッキーライラックが有馬記念に出走するとなれば、ルメールはフィエールマンの騎乗が既定路線のため、乗り替わりとなりそうです。

初コンビのジョッキーを迎え入れることになれば、史上初となる5人のジョッキーでG1制覇がかかります。そういった意味でも、ラッキーライラックの今後に注目したいですね」(競馬記者)

 同世代にアーモンドアイという強力なライバルがいたため、3歳時には思うような結果が残せなかったラッキーライラック。4歳秋に本格化してからは飛ぶ鳥を落とす勢いでG1・3勝を挙げた。

 もし、有馬記念で5人目の相棒と勝利するようなことがあれば、競馬史に残る大偉業達成となる。芝G1・8勝という金字塔を打ち立てたアーモンドアイとは違った形で、ラッキーライラックは歴史に名を残すかもしれない。

JRAラッキーライラック「弘法筆を選ばず」で「史上初」!? 有馬記念(G1)視野で、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ越え「大偉業」の可能性ものページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!