NEW

甘デジ手軽に「約70%ループ」の“極遊スペック”が登場!! 新台『北斗の拳 宿命』に続く”超大物“も話題!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ手軽に「約70%ループ」の極遊スペックが登場!! 新台『北斗の拳 宿命』に続く超大物も話題!!の画像1

 サミーはこの度、新台『パチスロ北斗の拳 宿命』が保通協の型式試験に適合したと発表した。このビッグニュースは大きく取り上げられ、関係者およびユーザーから熱い視線を浴びている。

 現時点ではスペックの詳細は明かされていないが「6.1号機スペック」と紹介されている。果たしてどのような仕上がりとなっているのか。多くのユーザーが今後の動向に注目している事だろう。

 パチスロ分野におけるビッグニュースはこれだけではない。同日には、ニューギンが新台『パチスロ花の慶次~武威』の特設サイトを公開したのだ。

 本機は1G純増が約8.7枚のAT機であり、全ての当りは上乗せ特化ゾーン「天武の極」から始まるという特徴的なゲーム性を持つ。ここでは75%~90%で「武威ストック」を獲得できる模様。大量上乗せによるスタートダッシュにも期待できる。

 ゾーン終了後はAT「傾奇Victory」へ突入。ここで武威ストックを消化・獲得しつつ出玉を増やす仕様だ。中でも業界初のシステムとなる上位AT「EX虎」は要注目。移行すれば継続率「90~99%」が選択され、抽選に漏れぬ限り出玉を加算し続けられる。6号機の新たな遊技性を実現させた。

 覇道を突き進む傾奇者の活躍に期待が高まるところだが、ニューギンの勢いはこれだけに留まらない。甘デジ分野で実に3年ぶりとなる『花の慶次』の新機種を発表したのだ。「極遊スペック」と題された本機に注目が集まっている。

『PA花の慶次~蓮』(ニューギン)

■大当り確率:1/99.90
■高確率:1/59.14
■転落確率:1/70.02
■RUSH突入率:【特図1】50%【特図2】100%
■RUSH継続率:約70%
■電サポ回数:70回+α or 70回or30回
■賞球数:1&1&5&10
■カウント:10カウント
■大当り出玉:10R約1000発・4R約400発・ランクアップボーナス約360~約1000発
■ラウンド:10R or 8R or 6R or 5R or 4R
○○○

 ミドルスペックで人気を博した『P花の慶次~蓮』が甘デジとなって登場。前作と同様にV確転落抽選タイプが採用された本機は、ひとたびRUSHに突入すれば51%の確率で約1000発の出玉を獲得できる点が特徴だ。

 通常時は初当りの50%(4R確変)を引くことで「天下無双RUSH」に突入(残り50%は時短30回)。ここでのトータル継続率は約70%を誇る。高継続と「約1000発」の連打により、甘デジの域を超えた出玉感にも期待できる仕上がりとなっている。

「ここ最近は『ぱちんこ新・必殺仕置人 TURBO』や『ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえ ver.』のような高継続RUSHかつ半数が1000発という『戦える甘デジ』の活躍が目立ちます。本機はまさにその典型でしょう。

遊タイムこそありませんが、その代わりに前述したマシンと比べてRUSHへのハードルは低くなっています。初当り50%を引くだけでRUSHへ突入するのは大きいでしょう。仮に通常大当りであっても時短での引き戻しに期待できます。

安定感もあり、まとまった出玉も狙えるまさに『極遊スペック』ですね。人気タイトルかつ魅力的なスペックということで、幅広い層から受け入れられる可能性は大いにあるでしょう。導入後の活躍に期待です」(パチンコ記者)

 11月28日には「花慶の日2020-冬の陣-オンライン」の開催を予定しているニューギン。今後も『花の慶次』が業界を盛り上げてくれそうだ。『PA花の慶次~蓮』の導入は2021年1月を予定している。

【注目記事】

パチンコ「万発は軽い!?」報告も浮上…好スタート「怪物スペック」など激アツ新台の必見情報!!

パチンコ“遠隔操作!?”5万発オーバーも「放送して大丈夫?」…超RUSH「異常突入」の衝撃実戦!!

甘デジ“究極の1/2”で「約85%ループ×ALL10R」を勝ち取れ!! 神をも恐れぬ爆裂マシン!!

甘デジ手軽に「約70%ループ」の“極遊スペック”が登場!! 新台『北斗の拳 宿命』に続く”超大物“も話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!