NEW

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目の画像1

 21日、阪神競馬場で行われるアンドロメダS(L)に、アドマイヤビルゴ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が出走を予定している。

 アドマイヤ軍団で一世を風靡した故・近藤利一さんが、過去の確執を水に流して武豊騎手に託した忘れ形見とも言われる期待馬だ。同馬は2017年のセレクトセールで6億 2640万円(税込)という高額で落札されたことでも話題となった。

 今年1月にデビューして、新馬戦、若葉S(L)を連勝して優先出走権は得たものの、ローテーション的にきつくなる皐月賞(G1)には向かわなかった。だが、次走の京都新聞杯(G2)を4着に敗れ、日本ダービー(G1)出走は叶わずに終わってしまった。

 コロナ禍の影響でJRAから騎手の移動制限が伝えられ、主戦である武豊騎手から藤岡康太騎手に乗り替わりとなったことも、陣営にとっては少なからず誤算だっただろう。

 一方で、アドマイヤビルゴ陣営は外野が考えているほどクラシックに執着していないという見方も可能だ。

 9月に行われた前走のムーンライトハンデ(3勝クラス・芝2200m)を快勝した際、管理する友道調教師は「初めて多頭数の競馬を勝ってくれました。スタートして少し力んでいたので、そこが課題です。菊花賞へは向かわないです」と、レース後という比較的早いタイミングに菊花賞回避のコメントを出している。

 秋初戦の手綱を取った武豊騎手も「完勝でした。馬体も数字以上に大きく見せていました。このまま良い方向に行って欲しいです」と振り返っていたことから、将来性を考えると無理をするべきではないといったニュアンスが含まれているようにも受け取れる。

 アドマイヤビルゴの高い素質を評価しているからこそ、まずはアンドロメダSで現状どれくらい走るのかを確認したいという思いも陣営にはあるだろう。出走メンバーも重賞で揉まれてきた馬だ。これらを相手に強い勝ち方をするようなら今後の期待も大きく膨らむ。

 ここで勝利を収めることが出来れば、いよいよ重賞制覇へカウントダウンとなってくるのだが、年内に行われる適当な重賞レースがない現実もある。

 適鞍と見られる来月5日のチャレンジC(G3・芝2000m)だと中1週、翌週の中日新聞杯(G3・芝2000m)も12日の開催であり、こちらも中2週と間隔が詰まる。アドマイヤビルゴはデビューから4戦を430キロ台で出走している小柄な馬には強行軍となる可能性が高い。

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと