NEW

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目

【この記事のキーワード】

, ,

「もしかしたら有馬記念(G1)参戦もあるかもしれませんよ。12月27日なら中4週と余裕もあります。2007年には前走1000万下で5着に敗れていたレゴラスが参戦した事例もあります。このときは15頭立ての最低人気で単勝万馬券の低評価ながら、ウオッカやメイショウサムソンに先着して7着に好走しました。

さらに、今年はジャパンC(G1)に好メンバーが集中していることもあり、早くも有馬記念のレベル低下を危惧する声も出ています。メンバーが手薄になるようなら、力試しの意味で使ってみても面白いかもしれませんね。あくまで可能性がゼロではないという域ではありますが……」(競馬記者)

 レゴラスは兄にローエングリンを持つ良血馬でもあった。2勝クラスで敗れていたとはいえ、素質馬を暮れのドリームレースに送り込んだのは、陣営の同馬に対する期待の高さの表れだったといえる。

 すでに3勝クラスを勝ち上がっているアドマイヤビルゴも同じく大きな期待をされているだけに、参戦があっても不思議ではない。

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目の画像2

 武豊騎手はキセキとのコンビで天皇賞・秋(G1)に参戦したが、ジャパンCでは昨年の有馬記念以来の復帰戦となるワールドプレミアとコンビを組む予定だ。

 アドマイヤビルゴと同じく、ワールドプレミアも武豊騎手が主戦を任されている。いずれも管理している友道調教師だけに、それぞれジャパンC、アンドロメダSの内容次第でどちらかの参戦もあるかもしれない。

JRA武豊アドマイヤビルゴ重賞制覇カウントダウン!? 有馬記念(G1)電撃参戦の前例も…… ワールドプレミアの動向にも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!