NEW

JRA低迷日本ダービー馬に「英国レジェンド」が熱視線!? 将来は欧州での活躍を期待する声も

【この記事のキーワード】,

JRA低迷日本ダービー馬に「英国レジェンド」が熱視線!? 将来は欧州での活躍を期待する声もの画像1

 11月16日、DAZNおよびUmabi YouTubeチャンネルで『マイケル・オーウェン 馬主としての夢 -ジャパンカップと英ダービー by JRA』の配信が開始された。

 英国の伝説的なサッカープレーヤーであったオーウェンは、現役時代から無類の競馬好きとして知られていた。引退してからは騎手にも挑戦するなどしていたが、今では厩舎の運営を行なっており、100頭近くの馬を管理しているという。

 オーウェンは動画内で競馬の魅力などについて熱く語り、自身の所有した馬が地元であるチェスターでデビューした思い出を振り返った。そしてオーウェンは「勝ちたいレースが山ほどある」といい、「ジャパンカップ(G1)もぜひ見てみたいです」と興味があると話す。

 過去には所有していたブラウンパンサーをジャパンカップに予備登録したこともあった。だが故障で無念の回避。それでも諦めることなく、「いい馬を手に入れて再挑戦したい」と参戦の意欲を見せる。そして日本の競馬の話題になったからだろう。続けてオーウェンは『最近ではマカヒキに注目しています』と明かし、『欧州でも結果を残していて今後も楽しみですね』と語っている。

JRA低迷日本ダービー馬に「英国レジェンド」が熱視線!? 将来は欧州での活躍を期待する声もの画像2

 オーウェンに名指しされたマカヒキ(牡7、栗東・友道康夫厩舎)。16年にはサトノダイヤモンドらとの激戦を制してダービー馬に輝き、秋には凱旋門賞(仏G1)挑戦を表明。だが前哨戦のニエル賞(仏G2)こそ勝利するも、本番では14着と惨敗。その後は勝利から見放され、長期に渡る暗黒時代を過ごしている。

 そのマカヒキは来週のジャパンカップに参戦予定。コントレイル、デアリングタクトという無敗の三冠馬2頭に加え、芝G1・8勝を達成したアーモンドアイらが出走する前代未聞の大一番で、どんな走りを見せることができるかが注目されている。

「長らく勝ち星に見放されているダービー馬マカヒキですが、同じ距離で行われるジャパンカップは2017年と19年に参戦して4着に入るなど得意としています。復活するとしたらこの舞台だとも言われることも多いですし、『今年こそ』と期待する人もいるのでは?

 またマカヒキも7歳とすでにキャリアの終盤。動画内でオーウェン氏がマカヒキの名前を挙げたのは、現役引退後の種牡馬として活動することを見越してとも考えられます。この動画を見たファンからも『種牡馬として海外へ行く』ことを期待する声も上がっていますし、数年後にはオーウェン氏がマカヒキ産駒を所有するなんてこともあるかもしれません」(競馬誌ライター)

 オーウェンから熱視線が送られているマカヒキ。明るい未来を築くためにも、今年こそジャパンカップで結果を残したいところだが、果たして……。

JRA低迷日本ダービー馬に「英国レジェンド」が熱視線!? 将来は欧州での活躍を期待する声ものページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由