NEW

JRAマイルCS(G1)グランアレグリアに確勝ムード!? 「史上最多」1番人気が驚異の12勝! 実質「WIN4」で難易度急落か

JRAマイルCS(G1)グランアレグリアに確勝ムード!? 「史上最多」1番人気が驚異の12勝! 実質「WIN4」で難易度急落かの画像1

 22日、阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)は、春の安田記念(G1)でアーモンドアイを破ったグランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)の1番人気が濃厚と見られている。

 先週のエリザベス女王杯(G1)を1番人気ラッキーライラックが制して連覇を達成。今秋の重賞で人気馬がファンの支持に応えて優勝するケースも多く、グランアレグリア陣営にとって、堅い傾向が続いている現在の流れは歓迎材料となりそうだ。

 振り返れば、秋G1開幕を告げたスプリンターズS(G1)を1番人気で優勝したのがグランアレグリアだった。その後も秋華賞をデアリングタクト、菊花賞をコントレイル、天皇賞・秋をアーモンドアイが制し、G1は現在1番人気馬が5連勝中と好調の波に乗っている。

 だが、この堅い流れは前期のG1戦線でも十分に予感できたことかもしれない。以下は今年前期のG1レースの勝ち馬である。

宝塚記念    クロノジェネシス(2番人気)
安田記念    グランアレグリア(3番人気)
日本ダービー  コントレイル(1番人気)
オークス    デアリングタクト(1番人気)
ヴィクトリアM アーモンドアイ(1番人気)
NHKマイルC ラウダシオン(9番人気)
天皇賞・春   フィエールマン(1番人気)
皐月賞     コントレイル(1番人気)
中山グランドJ オジュウチョウサン(1番人気)
桜花賞     デアリングタクト(2番人気)
大阪杯     ラッキーライラック(2番人気)
高松宮記念   モズスーパーフレア(9番人気)
フェブラリーS モズアスコット(1番人気)

※1番人気7勝、2番人気3勝、3番人気1勝、9番人気2勝

 春の2冠を制したデアリングタクト、コントレイルや障害の絶対的王者オジュウチョウサンの存在があったとはいえ、13レース中で1番人気が7勝と勝率5割を超えている。

 そして、今年ここまで12勝は競馬史上初となる超ハイペースで1番人気最多勝の記録を更新した。

 さらに驚きなのはフィナーレである有馬記念(G1)終了を待たずに、それまで11勝だった年間記録を抜いたことである。マイルCSを含め、年内のG1レース開催はまだ8レースも残っているにもかかわらずだ。

 これは勿論、JRAから指定された対象5レースの勝ち馬を的中させるWIN5にも大きな影響を与えている。こちらもスプリンターズSが10月4日から、エリザベス女王杯が対象最終レースとなった11月15日まで5つ目に指定されたレースをすべて1番人気馬が勝利。現在、7連勝中となっている。

JRAマイルCS(G1)グランアレグリアに確勝ムード!? 「史上最多」1番人気が驚異の12勝! 実質「WIN4」で難易度急落かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回
  3. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  4. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?
  5. JRA川田将雅「鬼タックル」で武豊撃破!G1級のお株奪われたトゥデイイズザデイ、3連単は「史上最低」270円
  6. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  7. JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」
  8. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  9. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  10. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感